dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2015年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (7)
ダヤン (128)
バロン (11)
ダヤンとバロン (20)
バロンとお散歩 (8)
さぶちゃん (12)
ダヤンとさぶちゃん (30)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (4)
ダヤンとピンクパンサー (12)
仲良し (11)
犬のこと (6)
競馬・スポーツ (36)
思うこと (7)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (18)
バロンの病気・健康 (6)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (21)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
3996位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

903位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2013.02.02(Sat) 00:35
テレビを見る時間がなくて

パソコンに向かう時間もなくて・・・

それでも本は読むんです。

通勤電車や、父の病院に向かう電車の中、

それからお風呂でも本を読みます。

終わりかけで持ち歩くと、途中で読み切ってしまい

出先で読むものが無くなってしまったりするので

終わりかけは家で読みきるようにしています。





好きな作家さんは、藤沢周平、フランソワーズ・サガン、それから天童荒太

この3人の作品は、ほとんど読んでいます。


CIMG5973_convert_20130201215345.jpg


他の作家さんの本もたくさん読みますが

だいたいは読むと売ってしまうんです。

昔は絶対に捨てたり売ったりはしなかったんですが

引越しを何度か経験すると、本のあまりの重さに辟易し

読み返さないと思う本は持たないようになりました。

猫本や犬本はできるだけ置くようにしています


CIMG5971_convert_20130201215416.jpg


好きな作家さんはいますか

好きな作品はありますか


CIMG5967_convert_20130201215025.jpg


是非、是非、私とダヤ君に教えてください



よければ応援お願いします☆彡

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(10) 
Category:  Genre:ペット  Theme:猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.03.24(Sat) 00:00


最近、また本を読むのが楽しくなってきました。

きっかけは、『猫鳴り』 という本。

仕事帰りに立ち寄る本屋さんで

店員さんがめっちゃおすすめしている本です。

もちろん店員さんのおすすめ本は、他にもたくさんあるのですが

なんせこのタイトル。  『猫鳴り』

そして表紙を見る限り、絶対茶トラが主役ǭ

気になる・・・気になってしかたない・・・


でも 私は目が悪くなってから、字を読むのが億劫でしょうがない。

でも、でも、この本はどうしても気になる。  気になる。


そして何日か過ぎ、また本屋に立ち寄ると

まだ店員さんはこの本をおすすめしている。


やっぱり、気になる。


億劫なりにあらすじを読んでみると

「長年連れ添った飼い猫が最期の日々を迎える。

命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。」
ときた。。。

もう、買わないわけにはいかない。


この本を買った時、私の可愛いマイケルはまだ生きていました。

もう長くないマイケルを、上手に見送るため

この本を読まなきゃいけない。  そんな気がしました。



前置きが長くなりましたが、この本、結構重いです。

猫好きの人が  「きゃ、猫本だ~、買っちゃお~」  って感じでうっかり読み出すと

第一部で、もうちょっと後悔したりするかもしれません。

でも諦めずに最後まで読んでみましょう。


第ニ部もそこそこ重いです。

重いけれど、もうきゃっきゃ喜んで読むタイプの本じゃないことは

すっかりわかっているので、ちゃんと落ち着いて読めます。

そして読み始めてからずっと感じていた一つの疑問。

「この作家は猫好きじゃないの?」

このタイトル。 この表紙。

絶対、猫好きに決まってると思ったんだけど・・・

少々不安が湧き出てくる。

その不安をなかなか払拭できないまま物語は突き進む。


そして第三部に突入。

この本のクライマックスです。

もう、重いとは感じなくなっています。

だんだんこの作家、すごいなって思い始めます。

この作家は、やっぱり完全に猫が好きなんだと感じます。

こんなに猫が好きなのに、こんな本が書けるなんて

この作家は、なんかすごい人だなって。。。




【送料無料】猫鳴り



ということで、この本を読んでから

「やっぱり本はいいよね・・・」ってことを思い出し

サクサクと本を買う  読む  売る (売るんかい!)

を繰り返す毎日になりました。

ちなみにこの 『猫鳴り』 は売りませんよ~NG





        今は、これっぽっちも考えたくないけれど・・・


  • CIMG1270.JPG


  • ダヤ君にもいつかは来る、最期の瞬間・・・


    CIMG1271.JPG


  • 私は、ちゃんと送ってあげられるのかな・・・

 

     8週齢バナー



 
Trackback(0) Comment(4) 
Category: 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.