dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2015年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (7)
ダヤン (130)
バロン (12)
ダヤンとバロン (20)
バロンとお散歩 (9)
さぶちゃん (12)
ダヤンとさぶちゃん (30)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (4)
ダヤンとピンクパンサー (12)
仲良し (11)
犬のこと (6)
競馬・スポーツ (36)
思うこと (7)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (18)
バロンの病気・健康 (6)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (21)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
2838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

674位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2017.07.03(Mon) 22:31
バロンといえば、M.ダックスとW.コーギーのミックス(らしい)ので

それはそれはわかりやすいく短足で胴長な犬なわけで、

とにかく腰痛、ヘルニアが心配なわけです


IMG_8207_convert_20170703233517.jpg


うちのソファもバロンを引き取ってから

すぐに足を取って低くして気をつけてはいるのですが

当の本犬はかなりのジャンプ好き

ダヤ君と毎日遊んでいるせいか

自分も頑張ればかなりの高さを跳べると考えているらしく

びっくりするような高さの塀を見上げて

ジャンプする雰囲気を漂わせては、Purige を慌てさせる日々

当然のように、ジャンプして失敗したことも数知れず…

普通は一度失敗すると怖かったり恥ずかしかったりで

すぐに諦めて、ちょっとごまかしたりするものなのでしょうが

バロンはそんなヤワな性格ではないらしく

Purige が 「大丈夫 なんて心配している間にも

ムキになってさらにジャンプしまくってしまうため

何度とっ捕まえてその場から移動させたかわかりません





そもそもバロンは、ダヤ君を見本にしているようなので

ジャンプの方法が若干、犬より猫っぽい気がするし…

ダヤ君くらいのジャンプもそのうちできると思っているようです

元気いっぱいなことは嬉しいことですが

とにかく注意が必要な体型なわけですから

あんまり無理な挑戦は控えてもらいたいと思います





こんな風にちょっとした植え込みのヘリを歩くのも大好きなのですが

降りたい時は、Purige の顔をチラッと見て

「おろしてくれへん

とおねだりするところが、わがままだけど可愛かったりします


IMG_8036_convert_20170703233451.jpg


なんぼでもおろしたるで~

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(12) 
Category:バロン  Genre:ペット  Theme:犬猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2017.03.26(Sun) 11:30
すっかり書くのを忘れていましたけど

ダヤ君に買ってあげたものの絶不評だった『猫の巣』を

さぶちゃんがとても気に入ってくれたということで

すっかり『犬の巣』と化していたあの巣


IMG_0533_convert_20170326081225.jpg


実はその後も、やっぱりというべきなのか…

当然のように『犬の巣』として完全に落ち着いています

しかも早々に(笑)


IMG_1746_convert_20170326075217.jpg


バロ君はマナーベルトも取れていない頃から

誰に勧められるわけでもなく

この『猫の巣』改め、『犬の巣』に入ってご機嫌さんでした


IMG_1756_convert_20170326110623.jpg


アナグマ狩りが得意とされる犬種(が半分入ってる)だけあって

出入りもすいすい、自由自在です


IMG_5248_convert_20170326082944.jpg


さぶちゃんの場合、犬種以前にサイズに無理があったと思いますが

今思えば、あれはさぶちゃんが私を喜ばそうと入ってくれてたのかなぁ〜

なんて気がしないでもありません…


IMG_0962_convert_20170326082209.jpg


ともかくさぶちゃんの遺志を継いで(←大げさ?)


IMG_3426_convert_20170326082510.jpg


穴蔵大好きのバロン君が


IMG_6154_convert_20170326080227.jpg


しっかり『犬の巣』を活用してくれてるんですよ



最後はまだ全然慣れてないくせに張り切ってバロ君と遊ぼうとするダヤ君と

そんなことには全く気づいていない、来た当時のバロ君です





噛み合ってなかったよな〜

 
Trackback(0) Comment(20) 
Category:バロン  Genre:ペット  Theme:犬猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2017.03.06(Mon) 08:27
タイトル通りなんですけど、なかなか教えきれなかった『伏せ』が

去年の秋くらいから、ようやく出来るようになってきました





『おすわり』と『伏せ』の違いが、なかなか難しいみたいで

今も完璧ではありませんが、「多分こっちが『フセ』だワン

くらいには理解していると思います





バロンは自分が理解できないことは絶対しない子なので

教え始めは、こりゃダメか と何度も諦めそうになるのですが

理解し始めると、すごい集中力を見せ

そして何かを理解すると パッ と表情が明るくなって

「わかった という顔をしてくれます。

そうなってきたら私も俄然楽しくなってくるので

今までたま~にしか教えてなかったのに、毎日教えるようになって

なんの躊躇もなく言うことを聞いてくれるようになります

とても賢い子です

でも賢いので、私のクセを覚えて、先、先と読んでしまうので

コマンドの前に、『おすわり』したり『伏せ』したりして

ちょっとわけがわからなくなってしまうことも多々あります
 
Trackback(0) Comment(14) 
Category:バロン  Genre:ペット  Theme:犬のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2017.02.19(Sun) 07:05
昨年の2月19日に、バロンはうちに来ました

『翔太』 という立派な名前がありましたが

アカラス症の痛みと痒みにただ耐え続けた

辛かった苦しかっただけの名前なので、即効変えました(笑)


実際、バロンは自分の名前を理解していなかったので

バロンという名前を覚えるのに、時間はかかりませんでた



IMG_6757_convert_20170219035318.jpg
撮影協力:ダヤン


これは保護犬の時に、バロンが付けられていた首輪です。

首輪を付けている犬がほとんどいない中で

全身痛々しい皮膚病の、痩せっぽっちだったバロンに

なんでこんな首輪を付けたのか、理解に苦しみました

(こんなんハクション大魔王のブル公しか付けてるの見たことないわ


迎えに行った車に乗るや否や、私はブツブツ文句を言いながら

準備していた首輪にさっさと付け替えてあげました

でもこの首輪を見ると、『絶対、幸せにしてやるぞ〜

と、妙に私のテンションがマックスになるので

今も棚の奥にしまっているんです


ということで、今日はバロン誕生、1周年記念の日なので

ここまでの経過を簡単に動画で見てもらおうかなぁ〜と思います


2016.2.20 撮影




我が家に来て初めてのご飯です



2016.2.21 撮影




初めて病院に行った帰りの公園です



2016.2.26 撮影




得意のうねうねですが、この頃はまだかなり痒そうでした



2016.4.22 撮影





2016.8.3 撮影





2017.2.15 撮影





バロンの皮膚病はどんどん良くなってきています

それでも獣医さんは、

「これ以上に良くなるとは思わないでくださいね

と言います。  そして、

「初めて来た日のこと思えば、今の状態は奇跡やと僕は思ってます

と、優しく付け加えてくれました。


私の入れ込み具合を見ての先生の配慮だと感じました。

大丈夫です

治っても、治らなくても、私は変わりません。

バロンが笑ってしっぽをプリプリ振ってくれて

そのうちしっぽ振りすぎて、体ごとブンブン揺れる姿が見れたら

それだけで私は幸せです


でも、諦めはしませんよ

バロンの皮膚が頑張っているのだから

諦めないで、焦らないで、気長に毎週シャンプーして

オイリングして、マッサージして、豚毛ブラシでブラッシングして

一つでも毛穴から毛が生えてくるのを楽しみにしながら

のんびりのんびり見守っていこうと思っています


IMG_6707_convert_20170219035229.jpg


湯たんぽカバーをくまモンにしましたよ~ん

 
Trackback(0) Comment(18) 
Category:バロン  Genre:ペット  Theme:犬猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2017.02.02(Thu) 04:43

 生まれた所や皮膚や目の色で

   いったいこの僕の

   何がわかるというのだろう...



我が青春のブルーハーツです


連日、トランプ大統領のニュースを見ていたら

無性に聴きたくなりました

ホントは歌っている動画をアップしたかったのですが

投稿者さんに許可とかいるのかなぁ〜

なんてことを考えていたら、面倒になりました

とても良い曲なので、知らない方はぜひ一度聴いてみてください


ところでそのトランプ大統領のご子息の名前が、バロン君

イケメンで頭もすこぶる良い男の子らしいですが

もちろんうちのバロンとはなんの関係もありません


うちのバロンの名前は、『ペリーヌ物語』 から頂きました。

ペリーヌの愛犬、バロン君はビーグル犬がモデルの様ですが

あまりその様には見えません(笑)


o0203019611881735992.jpg


その謎めいた容姿と明るいキャラクターから

ぜひうちの犬の名に・・・と考えました


バロン男爵のかっこよさも一応加味しました


51AXYJRY32L_convert_20170201200258_convert_20170201203450.jpg


それから私がトリミングの専門学校に通っていた時の話になりますが

オールドイングリッシュシープドッグという

ちょっと珍しい大型犬がお客様にいて

生徒たちからすこぶる人気があったのですが

その犬の名前が、バロン君でした


inu-300x231.jpg
※ こんな感じの犬です


ある日、そのバロン君を私が撫で撫でしながら何気に隣に正座しましたら

バロン君はとても自然に私のお膝に、よっこいしょ…とお尻をのせて座りました。

ただでさえ人気者のバロン君がそんな激カワな行動をとったため

バロン君の周りには、私も私もと正座する生徒たちがわらわらと集まり

明るくて人懐っこい (そして多分女子好きな) バロン君は、

そのお膝の一つ一つに、よっこいしょ…と腰かけて回るという出血大サービス

生徒たちは 「キャッキャキャッキャと大喜び

(多分) 女子のお膝が大好きなバロン君もしっぽフリフリで大喜び

…ってゆう、とてつもなく楽しい思い出がありましたので

とにかく 明るく 楽しく 育ってほしい~ という思いを込めて

バロンという名前に決めました


IMG_6303_convert_20170201195957.jpg


名前のせいではないと思いますが

うちのバロンもかなり女子好きなんですよ~ん

 
Trackback(0) Comment(14) 
Category:バロン  Genre:ペット  Theme:犬のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.