dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2015年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (7)
ダヤン (125)
バロン (10)
ダヤンとバロン (17)
バロンとお散歩 (7)
さぶちゃん (12)
ダヤンとさぶちゃん (30)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (4)
ダヤンとピンクパンサー (12)
仲良し (11)
犬のこと (6)
競馬・スポーツ (35)
思うこと (7)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (17)
バロンの病気・健康 (3)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (21)
さぶちゃんとバロン (1)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
2467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

536位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2016.08.28(Sun) 09:23
多分、誰も知らないと思いますが…

キタノザウルスです ( ドーン


キタノザウルス_convert_20160723172216


JR東西線の北新地駅 に、ひっそり()と建てられている銅像です

私は職場がこの近くにあるので

ほぼ毎日、このキタノザウルスに会っているのですが

この愛らしいクオリティにもかかわらず

誰にも認知されず、当然人気も上がらないまま、

いつもちょっぴり寂しそうに、ちょこんと佇んでいます


それでもJRの職員さんには たいそう可愛がられているようで

愛情たっぷりに、ちょいちょいデコられていたりして

それが私にはかなりツボで、ついつい写真を撮るのですが

やはり誰に見せるというわけでもなく、残念きわまりないので

この度、まとめてお披露目してやろうと思いました


では早速ですが、昨年12月のキタノザウルス


IMG_1188_convert_20160827233819.jpg


卒業式シーズンのキタノザウルス


IMG_1770_convert_20160827233107.jpg


桃太郎の町、岡山バージョン


IMG_3340_convert_20160827232838.jpg


夏休み、いっぱい遊ぼうバージョン


IMG_4210_convert_20160827231927.jpg


ちなみに現在のキタノザウルスは、こちら


IMG_4476_convert_20160828000400.jpg


どうやらもっと目立たせてあげようと思ったのか

キタノザウルスを照らすライトの色を変えたようです


IMG_4477_convert_20160828000426.jpg


なんだかちょっとノスタルジ~


と、このままではキタノザウルスにブログを乗っ取られてしまいそうなので…

最後は我が家の日常茶飯事をご覧ください





仲が良いのか悪いのか…

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(20) 
Category:はじめまして!  Genre:地域情報  Theme:大阪 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.02.27(Sat) 17:01
バロン君が家に来て一週間

バロン君とダヤ君は、まぁまぁ上手くいっています

バロン君を初めて見た時のダヤ君は、

お目目をいっぱいに開いて驚きながらも

なぜかガンガン近づいていきました

もしかしたら、さぶちゃんと思ったのかも知れません

近づいて違うとわかってからも、怖がることはなく

鼻をヒクヒクさせて小走りで逃げて行くくらいでした


IMG_1537_convert_20160226222639.jpg
※ 初対面時のダヤ君


バロン君は初日こそ、ダヤ君を見て吠えていましたが

次の日にはすっかり落ち着いたようです

そもそも初日はダヤ君があちらこちらから顔だけチロッとだして

怪しい覗き見ばかりするもんだから

バロン君が気になるのも無理はないと思いました


IMG_1539_convert_20160226222657.jpg
※ 初対面時のバロン君


それでもさぶちゃんのおかげで

犬は怖くないものと認識しているらしいダヤ君は

バロン君がそこそこ近くに来ても逃げずに踏ん張って

兄は自分だぞと言わんばかりに

ちっちゃな声で 「うぅ〜...」 とか 「ふぅ〜...」 とか言ってますけど

声がちっちゃ過ぎて私以外の誰にも気付いてもらってません(笑)


IMG_1554_convert_20160226222847.jpg
※ こっそりニオイを嗅ぎに行くダヤ君


暫くはケージ生活の予定でしたが

ダヤ君が余裕そうなので、次の日にはもう出してあげました。


それでもまだトイレを覚えてないし、

イキッてはいるものの、お疲れ気味のダヤ君の気持ちも察しつつ

ケージに入れたり、フリーにしたり、という生活を送っていますが

バロン君はとても聞き分けの良いワンコで

どちらも大人しく言うことを聞いてくれています


IMG_1600_convert_20160226223031.jpg
※ さぶちゃんの服を見事に着こなすバロン君


それから早速、診察にも行ってきました

仔犬の頃から発症していたアカラス

やはり今も大量発生しているそうで、すぐに治療を始めました。

治療は週に1回の注射を3ヶ月続けるそうです。

早い子は8週間ほどで効果があらわれるらしいですが

ここまでのひどい状態となると

「3ヶ月は続けるつもりでいてください。」

とのことでした。

今回、お世話になった病院は家からひと駅先の病院で

バロンを迎える覚悟をした時から

ネットで探しに探しまくって決めた病院です。(←また)


IMG_1550_convert_20160226222919.jpg
※ 産まれたての恐竜の赤ちゃんとかじゃないですよ


バロンを見たとたん、悲しそうな顔をした先生に

バロンが来た経緯を説明すると

先生は一歩軽く後ろに下がって、

「ありがとうございます


と私に頭を下げてくださいました。


誰かにお礼を言われたくてやったことではありませんが

バロンの現状を自分のことのように受け止めてくれたことが

私は本当に嬉しかったです


昔ながらの年季の入った病院でしたが

ここなら安心してお任せできるような気がして

まだ何にも治っていないのに

少し、ホッとしました


バロンが来る前は、病気のことやダヤンのこと、

トイレのしつけなんかもどうしたものかと悶々と悩んで

食いしん坊の私が一食食べ忘れるなんてこともあったりしましたが

可愛いバロンが来た今は、もう楽しみしかありません


IMG_1644_convert_20160227160927.jpg
※ このくらいの距離なら全然OKです


バロンは、とってもいい子です

生まれて初めてのお散歩も、正直ビビるくらい

上手にできました

ご飯前にはものすごく吠えるとも聞いていましたが

これまた全く、吠えません

さぶちゃんの猛烈アピールに慣れていた私は、

あれ、バロンお腹空いてないのかな…

と心配したくらい、、、

ま〜とにかくいい子です


IMG_1656_convert_20160227161221.jpg
※ 旦那さんにペったり甘えるバロン君


賢くて優しくて甘えん坊の男の子です

そしてめちゃくちゃ元気です

まだいろいろと課題はありますが、とにかくとにかく

アカラス退治

皮膚の状態が少しでも良くなるように

ストレスのない生活を

心がけていきたいと思います   


IMG_1610_convert_20160226223152.jpg
※ 旦那さんに抱っこされてうっとりするバロン君

 
Trackback(0) Comment(11) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.14(Sat) 23:58
突然ですが・・・

ダヤ君に、お兄さんができました


131209_1126~001


さぶちゃんです

はじめまして・・・というわけではなくて

以前ご紹介しました、HOGOKEN CAFE の記事

1度ご紹介したことがある、あの さぶちゃんです

(覚えてないって


とにかくあの さぶちゃんが

この度めでたく Purige とゆかいな仲間たちに

加わることとなりました



なぜさぶちゃんの里親になろうと思ったのか、

ってかそもそもなぜ犬を飼う気になったのか、などなど

書きたいことは山ほどあるのですが

恐ろしくいろいろなことを考えて悩みに悩んで出した答えなので

なかなか上手く書けそうになく・・・

これから追々書いていきたいな~と思ったりしています。


とにかくさぶちゃんをお迎えに行ったのは、12月7日(土)の夕方でした。

さぶちゃんは、HOGOKEN CAFE で半年以上を過ごしていましたので

お客様にも大変可愛がってもらっていました。

さぶちゃんの里親が決まり、土曜の夕方にはお迎えが来るということを

HOGOKEN CAFE のブログに載せたところ

たくさんの方がさぶちゃんに会いに来てくれたそうです。

またさぶちゃんファン()らしきお客様から

ステキなプレゼントも頂きました


131215_0828~001
                         (撮影協力 ダヤン

本当にありがたいことです


皆様に愛されたさぶちゃんを Purige はこれから大切に育て

どんなことからも守っていかなくては・・・という思いでいっぱいです



そして恐らくは皆様が気にされているであろう

ダヤ君とのご対面は、ダヤ君がひたすら固まる・・・という形で終わりました(笑)


IMG_2203_convert_20131212173819.jpg



ここからはダヤ君とさぶちゃんのこの1週間を書きます。

少々長くなるかも知れませんが、Purige はこの1週間を忘れたくないので

ブログに書こうと思いました。

ですから皆様は適当に読み飛ばしてくださいね。


131209_1036~003


土曜日の夜、さぶちゃんはずっとサークルに入っていたので

ダヤ君は一晩中遠くから観察していたようです。


日曜日、ダヤ君がさぶちゃんを見慣れてきたようなので

ほんの少しさぶちゃんをサークルから出してあげるようにすると

ダヤ君はかなりびびっていましたが、高い所は安全なのだとすぐに気付いたようです。

さぶちゃんがサークルの中で寝ている時に、そっと近づいてニオイを嗅いだりしました。


月曜日、さぶちゃんをサークルから出していても

ダヤ君は近づかない程度に普通に降りてくるようになりました。

さぶちゃんにうっかり近づいてしまっても

優しいさぶちゃんはダヤ君の強張った表情を見て、自分から離れてくれたりしました。

ちなみにさぶちゃんは犬よりも猫ちゃんが大好きで

初めてダヤ君を見たときも、しっぽをこれでもかってくらいにフリフリしていたんです。

そんなに大好きな猫ちゃんを前にしても、ダヤ君が怖がっているのを察して

しっぽも振らずにそっと遠ざかってくれたさぶちゃんの行動に

Purige 夫婦は、感心をとおり越して感動してしまいました。

ダヤ君もそんなさぶちゃんの優しい性格をすぐに理解したようで

少しずつさぶちゃんを怖がらなくなりました。


IMG_2209_convert_20131212173754.jpg



火曜日、ダヤ君はすぐ下にさぶちゃんがいるのを確認して

自分から飛び降りてさぶちゃんのニオイを嗅ぎに行きました。

ここでも優しいさぶちゃんはじっとおとなしくしてくれ

ダヤ君の気が済むまでただただ臭われてくれてました。

もうダヤ君は普通に下に降りて過ごせるようになりました。

ただ、この日ダヤ君は初めて2回嘔吐し食欲が減退しました。


水曜日、ダヤ君が寛いでいるところをさぶちゃんから近づいていき

お互いにニオイを嗅ぎ合っていました。

嬉しくなったさぶちゃんは、しっぽをフリフリしました。

それでもダヤ君が余裕の表情をしているので

調子に乗ったさぶちゃんは、「わん わんと可愛らしく吠えました。

当然、ダヤ君はびっくりして小さく「シャーッと言いましたが逃げはせず

調子に乗りすぎたと気付いたさぶちゃんの方から離れていきました。

ダヤ君は嘔吐せずご飯もいつもの半分くらい食べれました。


木曜日、ダヤ君の食欲はほぼ戻ってきていて

いつものように大きな声で鳴くようになりました。

そしてさぶちゃんが来て以来初めて、ダッシュしてくれました

さぶちゃんはびっくりして必死で後を追いかけましたが

高い所に登ったダヤ君を見つけることが出来ず、バタバタ探しまくりました。

その時からダヤ君とさぶちゃんの一回で終わる追いかけっこが始まりました。


金曜日、さぶちゃんが来て以来初めて

ダヤ君が玄関まで Purige を迎えに来てくれました

さぶちゃんがお気に入りのソファに座っていると

ダヤ君はこっそり後ろからちょっかい出したりもしましたが

さぶちゃんに気付いてもらえず、つまらなそうに鼻をヒクヒクさせていました。


IMG_2259_convert_20131214233048.jpg



そして一週間たった今日、ダヤ君とさぶちゃんが

いつものように鼻を付けてニオイを嗅ぎ合っていると

大胆になったさぶちゃんがダヤ君のお顔をペロペロペロと舐めました。

ダヤ君はちょっとびっくりしましたが、逃げたりはしませんでした。

もう2匹はすっかり仲良しです

ダヤ君の食欲はすっかり元に戻り、2匹そろって食いしんぼう万歳です


たった一週間で愛すべき2匹が仲良くなってくれることなど

慎重派の Purige は考えることすらためらい

ゆっくりゆっくり・・・・・と自分に言い聞かせながらさぶちゃんを迎えました。

そんな Purige の想像をはるかに超える程、さぶちゃんは優しくて

ダヤ君はそんなさぶちゃんを温かく迎えてあげられる猫に成長していました。

Purige は涙が出るほど嬉しいです


IMG_2242_convert_20131214233110.jpg


実は今日は Purige の誕生日。

何十年も生きてきましたが、こんなに嬉しいプレゼントは

生まれて初めてです



愛すべきダヤ君とさぶちゃんに
ポチッとお願いします☆彡



 
Trackback(0) Comment(16) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.06.26(Fri) 00:00

 

ある日の出来事です。

運動のためにウォーキングを始めて1ヵ月。

同じ道に飽きてきた私は、いつもと違う道を歩こうと思いつきました。

 

20分ほど歩くと、空き地から少年が小走りに出てきました。

 何気に少年を見ていた私の耳に、

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

おかしな声が聞こえ、振り向くとまだ歩くのもおぼつかないような仔猫が

たどたどしい足取りで、少年の後をついてきています­

ちっちゃなその姿は、少年には気づかれず、

あぶなっかしい足取りで道路を歩き出しました。

 

「あ、あぶない・・・」 と、私が引き返そうとした時、

近所のおばさんが、

「あぶない、あぶない! あんた仔猫ついてきてるで!」

少年は慌てて引き返し、仔猫を抱え、

また空き地へ連れて行きました。

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

何とも大きくておかしな鳴き声のその仔猫には、

母猫も兄弟猫もいないようでした・・・。

 

「その猫、飼えるんか?」と、近所のおばさんの問いに、

少年はかすかに首を振ったように見えました。

 

(少年が飼えなければ、仔猫はここに置き去りにされてしまう・・・)

 

しばらく動けずにいた私は、少年に 「その猫、飼えないの?」 と、

確認したい気持ちを抑え、また歩き出しました。

 

(助けられるわけでもないのに、聞いてどうなるというのか・・・)

 

歩いても、歩いても、仔猫と少年のことが頭から離れません。

 

(あんな小さい仔猫が生きていけるわけがない・・・)

(連れて帰ろうか・・・?)

(でも、うちには猫がいるし・・・)

(旦那はまず反対するだろうし・・・)

 

あれこれと悩んで、結局またあの空き地へ・・・

 

そこには、まだ少年と仔猫が遊んでいました。

(この子も気になるんだなぁ・・・)

私はまた、歩き出しました。

(もう少し歩いてから、来てみよう!)

 

10分ほど歩いて、再度空き地へ・・・。

少年と仔猫は、まだそこにいました。

また歩き出し・・・また空き地へ・・・

 

また歩き出し・・・

また空き地へ・・・

 

何度行っても、そこには少年と仔猫が一緒にいました。

 

もう2時間はたっていたでしょう。。。

(この子は、何とかして仔猫を飼ってくれるのかも・・・)

そんな気がしてきた頃、あたりはもう薄暗くなっていました。

 

「よし、もう帰ろう!」

そして、「明日の朝、もう1度来てみよう!」

そう心に決めて、やっと私は家路に着きました。

 

夜明け前、気がつくと雨が降っていました。 

(もし、少年が連れて帰っていなければ、あの仔猫は・・・・・)

 

 「まだ早いけど、行ってみよう!」

いなければきっと、少年がお母さんを説得して、

連れ帰ってくれたという事だ。

でも、もし1人だったら、

どんなに心細い思いをしているか知れない・・・・・

夏とは言え、あんな小さな仔猫が、

たった1人で長く生きれるとは思えない・・・・・

 

 

空き地に仔猫の姿はありませんでしたが、

私は探し回りました。

「なんだ、いないのか・・・」

ホッとしたような、寂しいような気持ちになりながら

最後に・・・・・

「ネコちゃん! いないの?」

と、声を出しました。

 

 

 ­

 

­

 

­

 

 

「キャ・・・   キャ・・・ 」

 

か細いけれど、確かに昨日聞いた

あの声が空き地に響きました。

 

声をたどってみると、

上手に何かの四角いカンカンを雨よけにし、

中でポツンと座り、

すっかり途方に暮れているあの仔猫がいました。

昨日より、すっかり薄汚れて・・・

 

手を差し伸べると、

ヨロヨロしながら、自分で缶から出てきて、

今度はとても大きな声で、

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

 と、私の手の平で鳴き続けました。

 

「ごめんね!  怖かったね!」

 

 

070802_1255~02.JPG

 

 

お気づきかと思いますが、この仔猫はダヤンです。

あの空き地に行くたびに、あの少年を思い出します。

 

もしかしたら少年は・・・

ダヤンを捨てに来ていたのかも知れません。

でも、少年がずっと傍にいてあげなければ、

ダヤンはきっと車に轢かれていたことでしょう・・・

 

少年に会って、

「あの仔猫はとても元気にしてるよ!」

そう、伝えてあげたいのですが、

残念ながら私は彼の顔を覚えていません。

ダヤンはあの少年の事、

覚えているのかなぁ・・・

 

070804_1417~01.JPG

 



 
Trackback(0) Comment(36) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.02.20(Fri) 00:00
CIMG0063.JPG

ダヤン君です!

一昨年の夏、我が家にやって来ました^^

1歳半ってとこだと思います。

わちふぃーるどの主人公ダヤンから名付けたのですが、

大きくなってみると・・・ぜんぜん模様違うやん!ӤäӤäӤä


070919_1924~01.JPG

ちょっと似てますでしょ?

ガニ股・・・とか­








 
Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.