FC2ブログ
dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2016年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (8)
ダヤン (134)
バロン (18)
ダヤンとバロン (29)
バロンとお散歩 (14)
さぶちゃん (14)
ダヤンとさぶちゃん (31)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (5)
ダヤンとピンクパンサー (13)
仲良し (11)
犬のこと (7)
競馬・スポーツ (39)
思うこと (7)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (14)
バロンの病気・健康 (2)
ダヤンとバロンの病気・健康 (30)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (24)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
3904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

884位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2018.07.31(Tue) 16:36
バロちゃん、本日めでたく5歳になりました   

アカラス治療も大変順調で、なかなかだった前胸やしっぽも


IMG_1821_convert_20180731043709.jpg
※ 首の下がなかなかなんだな~


少しずつではありますが、確実に毛が生えてきています


IMG_1818_convert_20180731112937.jpg


バロンは初め、モヒカンのように頭から背中にかけて

細長く毛が生えていました


IMG_1581_convert_20180731112705.jpg
※ 写りが悪いですが、貴重なモヒカン写真です…


せっかく生えてきた大切な毛だったので

保護犬カフェのスタッフさんが、大切に伸ばしていたんですね


でも散歩に行く時に、私はこの首の毛を1本

うっかりカラーに挟み込んでしまったんです

たった1本の毛でしたが、バロンは大声で泣き叫びました

「キャン、キャン

私はびっくりして、すぐにカラーを外して

「ごめんね、ごめんね…」 と、たくさん謝って

首をさすってあげましたが

バロンはそれから暫く、カラーを付けるのを怖がりました


怖いけど、散歩には行きたい、私を信じたい、

しっぽをフリフリしながら行ったり来たり

玄関でバロンが葛藤する日が数日続きました


実際には、毛を挟んでしまったその日に

私はバロンの首の毛を全部バリカンで刈ってしまったので

もう毛を挟む心配は無くなっていました。


IMG_1709_convert_20180731114836.jpg
※ バリカンで首回りを刈られた直後です


バロンの悲鳴に、私は震えあがったんです。


例えば手のゴツい男性が、バロンを触ってくれたりした時も

バロンは悲鳴をあげることがありました。


ちょっとした引っかかりが

バロンに激痛を与えることがあるようでした。


爪切りもすごく嫌がったので

さぶちゃんみたいに、また神経が伸びているのかと思いましたが

そうゆうわけではなくて、バロンは足を持たれること自体が痛かったんです。


普通、爪切りの時は、動くと危ないので

しっかり足を持つし、切る時には足の指も持つのですが

これがバロンには痛くてたまらなかったようです。


なるほどバロンは、保護犬カフェに長々暮らしていたにも関わらず

結構長い爪をしていました。

とても嫌がるから、あまり切れなかったのでしょう。


今でも爪切りは、嫌がりますが

やんわり持って、優しく声をかけてあげると

なんとか落ち着いて切らせてくれるようになりました


ただ痛みは無くなってもトラウマは消えていないので

ちょっと時間がかかったりすると、また怖くなってくるようで

クンクン鳴き出したり、小さく唸ったり、

そうなるとまたすごく嫌がり始めるので

とにかく楽しい感じで早く済ませるように気をつけています。


アカラスは、進行すると激しい痛みや痒みを伴う大変辛い皮膚病です。

昔は不治の病と言われ、安楽死の対象にもなっていたそうです。

子犬の頃からわけもわからず、

そんな痛みや痒みと闘ってきたバロン。

一時は全脱にまでなっていました。


2015_6_11_convert_20180731113442.jpg


これはお店のTwitterに載せられていた、2015年6月のバロンです。

この翌年の2月に、私が里親になった時には

もう少し毛が生えてきていましたから

カフェのスタッフさんが頑張ってくれたんだろうとお察しします。


今でも重度のアカラス治療を断る病院があるそうです。
(そんな病院、やめちまえーっ

治療の方針もまだマチマチです。

長期になることや毎日の薬代がかさむことから

治療費が高額になるとも言われているようですが

バロンは、全然そんなことはなくて

バロンの薬は、ノミ・ダニの予防薬(ブラベクト錠)だけなので

治療費は、ほとんどかかっていません。

 ※参考  ブラベクト錠   3カ月、約4500円
      フロントライン  1カ月、約1500円

  フロントラインを毎月使うのと、ほぼ同じ料金です。



シャンプーもビルバックのちょっと良いシャンプーです(笑)

ブラベクト錠がアカラスにも効果があることは

最近になって少しずつひろがってきたようですが

まだまだ認知はされていなくて

同じ病気で苦しんでいるわんこや飼い主さんに

一つの選択肢として、知ってもらえたらなぁと思って

アカラスのことを書く時は

ブラベクト錠のことも書くようにしています。


まだ日本では、あまり試されていない治療法だったのに

すぐに調べて取り入れてくれた今の先生には

本当に感謝しています

ダヤ君の血液検査もノンストレスで採ってくれるしね


IMG_1812_convert_20180731113041.jpg
※ ヤバい寝顔も可愛いダヤ君


昨日はダヤ君のうちの子記念日でもあったので


IMG_1929_convert_20180731043636.jpg
※ お口がチョロっと開いてるバロ君


2匹には、ち~ゃんとしたおやつをあげたいと思います


 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(16) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2018.07.22(Sun) 22:56
お散歩大好きバロン君には

お友達わんこもたくさんできました

でもお友達わんこの写真て、なかなか撮る機会がありません
(勝手に撮るわけにもいかないしね〜)

でもこの前、たまたま写真撮らせて〜って言われたので

何となく私も私も〜って撮らせてもらいました


IMG_1458_convert_20180721225215.jpg


小さくて可愛いトイプードルのリアンちゃん


IMG_1454_convert_20180721225154.jpg


甘えん坊でこれまた可愛いトイプードルのロビンちゃん

2匹とも女の子なので、バロンは大好きです(笑)


IMG_1451_convert_20180722063700.jpg


バロンは好き嫌いがかなりハッキリしているので

飼い主としては、いつもドキドキなんですが

最近、だいぶ大人になってきたし、

私もバロンの好みがふんわりとわかるようになってきたので

事前に避けて通る、などの小細工ができるようになりました


IMG_1488_convert_20180722061723.jpg


とりあえずわかっているのは、

バロンは気まぐれで吠えるわけではなく

ハッキリと相手を確認してから吠えているので

その子と少しずつ仲良くさせよう な~んてことは

もう一切考えるのをやめました
(はじめはちょっとだけ思ってたのね~


IMG_1479_convert_20180722061708.jpg


あと、個別ではなく犬種にも好みがあるようで

なぜかビーグルとヨーキーには、激怒りします
(ホント、やめてほしいです〜)

ヨーキーはうちに来た頃、近所の子に鼻を噛まれたので

それを根に持ってんだろなぁ〜と理解できるのですが

ここらのビーグルはみんな、かなりおとなしいのに

バロちゃんは、すんごい怒ります


IMG_1489_convert_20180722061736.jpg


でもさすがに(?)ダックスには怒らないし吠えないんです

すごく吠えられても、怒りません(仲間意識

コーギーも大丈夫(仲間意識

チワワも大丈夫(小さいから

パグとかペキニーズ、シーズー、フレンチブルなどの

鼻ぺちゃたちもオールオッケー(つつかないから)

グレートピレニーズも、大丈夫(怖くないの)

ジャーマン・シェパードも、大丈夫(飼い主の大好物だから

秋田犬には、ケンカ腰(お願い、怖がって…

ダルメシアンは、怖いみたい。。。(も、模様かな…

あとプードルとか柴犬は、個別で判断するようです


子犬には基本、何をされても怒りません

すごく優しいお兄ちゃんです


でもいつも一番楽しそうに遊んでいるのは


IMG_1880_convert_20180722060137.jpg


やっぱりダヤ君が相手の時だったりします


IMG_1436_convert_20180721225336.jpg



では最後は、また散歩中気になった写真を一枚


IMG_1776_convert_20180721225356.jpg


お願い、修理して…

 
Trackback(0) Comment(16) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2018.07.14(Sat) 16:25
11歳になったダヤ君ですが、

お誕生日早々、血液検査の日がやってきました


IMG_1873_convert_20180713132944.jpg


前々回、 GPT 204   GOT 77

前回、     188      85  

今回、     167      65


なので、ゆっくりですが下がってきています

先生曰く、「良くなってきてるんだからお薬は続けて行って、

検査は2カ月後でいいですよ
 とのこと。


ダヤ君、良かったね

来月は、もう朝ごはん我慢しなくていいみたいだよ


この日も惚れ惚れするような手際の良さで

おしゃべりしながらサクッと採血してくれた先生

ダヤ君はもう注射器への興味も失くしたようで(飽きたのか

この日は、受付の方から何か物音がするのを気にして

変な方向に首をねじ曲げたりしていました


診察台にいても抑えられたり痛くされたことがないので

そもそもダヤ君は、先生を怖がっていないみたいです


だからと言って、病院が好きなわけでも

お出かけが好きなわけでもないのですが

先生のおかげでダヤ君のストレスはかなり軽減されているし

私もあまりストレスを感じなくて済んでいます


IMG_1859_convert_20180713133019.jpg



IMG_1836_convert_20180713133044.jpg


今日のバロ君は、完全に付き添いでしたが

出かける時に、置いていかれると思って大暴れしおりましたので

待合室はで、「次はバロンちゃうか」「バロンちゃうか

と繰り返しささやき続けてやりましたため

それはそれは、神妙な面持ちで抱っこされておりました


IMG_1780_convert_20180713133117.jpg


2匹とも、お疲れ様でしたね〜


IMG_1807_convert_20180713133102.jpg


次は、2か月後だよ~

 
Trackback(0) Comment(16) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2018.07.05(Thu) 19:38
日本のW杯が終わりました

サムライブルーが赤い悪魔を追い詰めた、

最高の試合を見せてくれたと思います。


日韓W杯から、ずっと彼等を応援して来たけれど

サッカーの試合で、こんなに泣いたことはありませんでした。


感動して、、感動して、、悔しくて、、悔しくて、、

それでも日本は前に進んでいると

「日本の闘いは、どうだったよと、

世界に自信を持って問いかけたい。



9_convert_20180705185809.jpg



ありがとう。

日本のサムライたち。

この悔しさは、4年後、

必ず、必ず、晴らしてみせよう




2_2018070305075954e.jpg




                  



と、いうわけで

まだまだ傷心な Purige ではありますが

我が家の可愛い、可愛い、ダヤ君が

7月7日で、11歳になります   


IMG_1785_convert_20180705183942.jpg


最近は、めっきりカウンターの上で過ごしていますが


IMG_1786_convert_20180705183956.jpg


バロ君の散歩時は、きちんとお見送りしてお出迎えもしてくれます

もちろん動機は不純なんですよ
※ なぜか玄関に行くとおやつがもらえるシステム


IMG_1463_convert_20180705183903.jpg


バロ君もダヤ君が来るとわかっているので

待ち構えてダヤ君を追いかけ回すことも忘れません

お見送りの邪魔をしているようでもありますが

ダヤ君が爆睡してて来てくれなかったりすると

奥をキョロキョロ見て寂しそうにしているので

やっぱりお見送りは、して欲しいんだと思います
※ おやつが欲しいともいう。


ちなみにおやつ、おやつ、と書いていますが

それはキャットフードとドッグフードのことで

うちの犬猫たちは、このドライフードを

おやつだと教え込まれています


一応、週一くらいはちゃんとしたおやつもあげていますが

何せ体重とか、肝臓の数値とかが気になる犬猫たちなので

ドライフードが一番安心で安全なんです


そんな感じで食べ物にはあまり恵まれていないダヤ君ですが

かといってよその猫のおやつ事情も知らないので

多分、みんなこんな感じだと思ってるんじゃないでしょうか(笑)


でもこの前、バロ君にフィラリアの薬をあげていると

見た目がおやつっぽいので、「ふんにゃ、はんにゃ

と、ものすごくわかりやすく文句を言ってきたので

もうしょうがないなぁーと、またキャットフードをあげると

ちょっと納得いかないふうではありつつも

やっぱりモリモリ食べて落ち着いてくれました

可愛いなぁ~も~


ということで、ご機嫌なダヤ君動画を一つ





タワーからダヤ君があふれていますね~



最後は、キタノザウルスさん


IMG_1783_convert_20180705184015.jpg


みんなの願いが叶いますように~

 
Trackback(0) Comment(22) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2018 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.