FC2ブログ
dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2016年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (8)
ダヤン (138)
バロン (22)
ダヤンとバロン (42)
バロンとお散歩 (19)
さぶちゃん (16)
ダヤンとさぶちゃん (31)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (71)
サラちゃんとマイケル (6)
ダヤンとピンクパンサー (13)
ダヤンとさぶちゃんとバロン (1)
ダヤンとバロンの病気・健康 (47)
ダヤンの病気・健康(~2015年まで) (13)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
犬のこと (7)
競馬・スポーツ (42)
思うこと (7)
本 (2)
その他 (25)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
3363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

737位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2019.05.31(Fri) 22:52
治療中は、散歩が思うように行けなかったり

くつ下やエリカラを付けられたりで

やっぱり少しストレスが溜まっていたっぽいバロ君

ダヤ君とのやりとりも、少し激しくなっていたりしました







ダヤ君には迷惑だったと思いますが

家の中でもこうやって遊んでくれる相手がいて

バロ君は幸せだな〜って思います


一応、私も雨の日とか、散歩が不十分な時には

家の中で、バロ君と追いかけっこをしてあげるんですが

ダヤ君のようにはいきません


それでもバロ君は、追いかけっこすると

ワンワン言いながら、しっぽフリフリで

私が疲れ果てるまで付き合ってくれます

それは、それは、短い時間で

疲れ果てて、しまうのですが…


ところで、いよいよ暑くなってきましたので

毛布をお洗濯して、しまっちゃお〜とよけていると(←遅い)

当然のようにこうなります(笑)



IMG_4755_convert_20190531214916.jpg



このあとしばらくは、向きを変えたり、



IMG_4762_convert_20190531214940.jpg



形を変えてみたりと、



IMG_4771_convert_20190531215014.jpg



大満足なバロ君



IMG_4749_convert_20190531214842.jpg



「ボク、渡しませんよ

のお顔が、可愛いこと


 
スポンサーサイト



Trackback(0) Comment(14) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2019.05.24(Fri) 23:42
バロ君の足は、順調に治ってきました

なので、病院にはもう行かなくても大丈夫


ただパッドとの境目がまだギザギザしてて

これがイボの残りなんじゃないかな と思われます。



IMG_4957_convert_20190524204545.png



「また出てきたら、また取ったらいいですよ

と再再診の時に、先生は言ってくれましたので

再発した場合や、また気になるイボが出て来た時は

こちらの病院でレーザー蒸散してもらいたいと思います。


こちらの病院は、年中無休で夜間診療もしているので

またイボ以外でもお世話になるかもしれません



IMG_4897.jpg



再再診の時は、本当に見るだけだったので

ついでに()狂犬病ワクチンもお願いしました


前にも抗生剤の注射をしてもらいましたが、

バロ君は嫌がりも痛がりもしないで

いつもものすご〜くマジメな顔をしています


ただ、やはり注射された瞬間は、

後ろを振り返って痛みの原因を確認していました(笑)



IMG_4918.jpg



うん。 やっぱり、いつもの先生が注射する時は、

バロ君は全く気づいてないんだな…と確信


そしてやはり待ち時間が長いのは、

飼い主共々、なかなかしんどいなぁ〜と思ったりしました



ところで、このところ出番が少なかったダヤ君ですが

毎日可愛いので、動画に撮りました







ダヤ君を寝かしつけるのは、簡単なのです

(親バカですみません)

 
Trackback(0) Comment(12) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2019.05.17(Fri) 23:28
バロ君の再診日


IMG_4649_convert_20190517221453.jpg


実は病院の待合室で、残りのかさぶたが取れてしまって

診察前に出血する…という事態になってしまったりしたものの…

概ね良好ということで、散歩も少しならOKがでました

(まぁ、3日目にはもう散歩してたんだけど…


カラーも外せるかな〜と思いましたが

診察時にまさに出血したもんで、やっぱり当然のように

カラーもまだ付けててね〜ってことになりました


赤みが引くまでが2日くらいで、

その後2日くらいはくつ下生活


IMG_4587_convert_20190517221433.jpg


散歩の時は、何もなしで帰った時にしっかり消毒。

留守時と就寝時は、まだカラー装着。

4.5日経つと気にして舐めることもなくなり

傷もきれいに治ってきていたので

くつ下もなしで過ごすようになりました。

ただし、念のため留守時と就寝時はカラーを付けています。


IMG_4744_convert_20190517221639.jpg


バロ君はカラーにはすっかり慣れてしまったので

別にずっと付けててもいんじゃないって感じなんですが、

カラーで寝ているダヤ君のお尻をすくって遊んだりするので ()

慣れすぎるのもいかがなものかなぁ〜なんて思ったり思わなかったり


IMG_4739_convert_20190517221621.jpg
※ こんなあなぐらにも入れます



そうそう、肝心なことを書いていませんでした

病理検査の結果は、良性でした


IMG_4871_convert_20190517225624.jpg


ざっくり言うと、イボは2つあって1つは病理には出せなかったので

完全に安心というわけではありませんが

とにかく取れた方が悪性だったらもう大変だ〜 なので

とりあえずは安心しても良いという感じです


引き続き、イボの再発があるのかどうか、、、

これから先、こまめにチェックしていきたいと思います


とにかく今は、順調です

良かった 良かった



最後はエリカラでも元気なバロ君の短い動画を一つ





これは私に抱っこして~とおねだりしている最中です



※ 追記には記録用に経過写真を載せています

 

>>>Read more

Trackback(0) Comment(10) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2019.05.10(Fri) 15:49
タイトル通り、ずっと気になっていたことがあります。

それは、バロンのこれ



IMG_2402_convert_20190510133508.jpg
※ 詳しい写真は追記にアップしてます


多分、イボかな


かかりつけの先生には、大丈夫と言われていましたし

多分、うちに来た時からあってあまり変わっていないので

まず問題のないイボなんだってことはわかっているんです


でも、さぶちゃんのイボも来た時からあって

ずっと変わらないし、簡単に取れない場所だったので放置していたら

突然、怖い肉芽腫に変化して、もはやどうすることもできなくなった…

ということをどうしても忘れることができないんです


それであの時にも、とりあえず出ているとこだけでもいいから

レーザーで取ってくださいとお願いした病院に

GWを利用して行ってきました


さぶちゃんが診てもらった院長ではなく、他の先生でしたが

診察は丁寧で、私にもわかるようにきちんと説明をしてくれました


見えてるカリフラワーっぽいところは、根元が細くなっているので

根元を焼き切れば簡単に取れるんだけど

パッドのすぐ近くにもあって、それは全部取れるかどうか難しいので

そのままにしておくか、取れる分だけ取ってしまうか・・・

ということを聞かれましたが、私には判断できなかったので

先生に、どうした方がいいですか と尋ねましたところ

一度院長にも診てもらいましょう、と言われ

この日は手術のみとなっていた院長に相談してくださり

取れるだけ取りましょう、ということになりました


話を聞いてると大がかりな施術に思いましたが、時間は30分くらい。

その日は混んでいたので、実際は1時間くらい待ちましたが

麻酔も鎮静剤も使うことなく、取ってもらうことができました



IMG_4472_convert_20190510122714.jpg



とは言え、やはりこれ以上は出血するしパッドにかかる

ということで、根こそぎ取れたというわけではありませんが

見た感じはかなりスッキリ取っていただきました



IMG_4500_convert_20190510122758.jpg



本来、レーザーで取る場合は原型が残らないので

病理検査には出せないというところがひとつのデメリットなのですが

今回はカリフラワー部分がポロリと取れていたので

こちらを病理検査に回してもらうことができました


結果はまだ先になりますが、病理に出していると

再発した時にも役に立つし、もし悪性のものだったりしたら

その時はもっともっと大変なことになりますが

それでも早いに越したことはないので

とにかく良かったと思います



IMG_4460_convert_20190510122524.jpg



ただ、元気いっぱいのバロンが、暫くエリカラをつけられ

数日は散歩も禁止ということで

バロンには申し訳ない気持ちでいっぱいです


それでもさすがは元保護犬

エリザベスカラーを付ける時も嫌がらず、

甘んじて受け入れてくれる姿には頭が下がります


普段はやんちゃくれ坊主ですが

やっぱりガマンということに慣れている様子が

誇らしくもあり、切なくもありました


そして当然のように異変を感じて・・・



IMG_4463_convert_20190510122606.jpg



食い入るように見つめるダヤ君



IMG_4464_convert_20190510122628.jpg



それから一日たったバロンの寝姿がこちら



IMG_4538_convert_20190510122851.jpg



適応力、高いなっ(笑)



IMG_4540_convert_20190510122916.jpg






 追記に記録用で、詳しい経過と写真を載せていますが
   イボのアップ写真が出てきますので、苦手な人はクリックしないでくださいね
   バロンのイボは、ブツブツの集合体なので、結構キモ~いですョ~


 

>>>Read more

Trackback(0) Comment(16) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2019.05.03(Fri) 21:15
令和元年がスタートしましたね

皆さま、10連休はどうお過ごしでしょうか

私は相変わらずどこにも行きませんし、何日か仕事です

それでも休みはたっぷりあるので

ダヤ君もバロ君も喜んでくれていると思います。(←飼い主の願望)



IMG_2274_convert_20190503210323.jpg



ところで何年かぶりに血液検査が基準値内におさまったダヤ君ですが

そうはいっても、ずっと元気なんですよ



IMG_4069_convert_20190503131910.jpg



ダヤ君が体調を崩したのは、バロ君の去勢手術の後くらいで

あの時はびっくりして、術後のバロ君にダヤ君には近づかないようにと

キツく言って聞かせたので、すごくかわいそうでしたが…

バロ君が無事に帰ってきてずっと家にいることがわかると

ダヤ君は安心したようで、すぐに元気になってくれました


大規模修繕もそうですが、ダヤ君は環境の変化に

とても敏感に反応するようです



IMG_4071_convert_20190503210253.jpg



そういえばマイ君も私が長く出かけると、必ず嘔吐してしまい

そのまま体調を崩したりもしました


ダヤ君にも同じようなところがあるので

私はあまり長い時間、留守にはしないように気を付けています



IMG_4393_convert_20190503133717.jpg



またまた話は変わりますが、

ダヤ君は毎日私の腕枕でスヤスヤ一緒に眠ってくれます


それはそれはぴったりフィットで眠ってくれるので

私はダヤ君が一緒に眠っているのを忘れて

目覚めてキョロキョロとダヤ君を探すことが多々あります


腕が麻痺してダヤ君の感触がわからなくなっている…とも言えますが

それでも朝までずっと一緒に眠ってくれるのがとても嬉しいです



IMG_3764_convert_20190503131821.jpg



お腹が空いたり、暑くなってくると出て行ってしまいますが

ダヤ君は、いくつになっても本当に甘えん坊さんで超可愛いのです



IMG_3984_convert_20190503131839.jpg


 
Trackback(0) Comment(20) 
Category:ダヤン  Genre:ペット  Theme:犬猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2019 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.