FC2ブログ
dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2016年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 

 現在、時間的に余裕がなくて、
 個別返信ではなくまとめての返信
 と言う形にさせてもらっています。
      (。-人-。) ゴメンネ

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (8)
ダヤン (142)
バロン (25)
ダヤンとバロン (44)
バロンとお散歩 (21)
さぶちゃん (16)
ダヤンとさぶちゃん (32)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (44)
マイケルとダヤン (71)
サラちゃんとマイケル (6)
ダヤンとピンクパンサー (13)
ダヤンとさぶちゃんとバロン (1)
ダヤンとバロンの病気・健康 (65)
ダヤンの病気・健康(~2015年まで) (13)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
犬のこと (7)
競馬・スポーツ (44)
思うこと (8)
本 (2)
その他 (27)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
4866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1041位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2020.04.30(Thu) 12:47
バロ君の後足は、もうほぼ治っています

ただ、自由にしているとやっぱり舐めるし

舐めるとまた簡単に傷を作るものだから

家にいる時は、靴下と靴を履かせています。


IMG_1358_convert_20200429163635.jpg


そうそう、あの靴ズレ起こした靴なんですけど

一時は憎くてポイッと捨ててしまえ〜って思ったんですけど

私の使い方が悪かっただけで、また何かの時に使えるかも〜と

捨てずに置いていました


それを思い出して、この硬い靴底さえなければいんじゃない

ってことで、靴底を外してタオル地と交換して縫ってみました


IMG_5930_convert_20200429163659.jpg


したらお肌(パッド)にも優しいし、いい感じで脱げなくて

今はとっても重宝しているんです


あと、バロンは体にも発疹が出てきているんですけど

これはどうもシャンプーが原因みたいなので

この頃はずっと、シャンプー剤を使わずに

お湯でしっかり汚れを落とすだけの『お湯シャン』を週1~2でしています


うちに来てからずっと使っているシャンプーなのに

急になんで〜って感じですが

やっぱりシャンプー毎週は皮膚に負担がかかっていたのではないかと思います。


この辺のこともアカラスで酷かった時と同じままの頭じゃなくて

アカラスは落ち着いたけど、皮膚は弱いってことで

も少し頭を切り替えてあげることも必要だったなぁと思います。


シャンプーだけでなくて、フードも張り切って買ったものが(しかも大量)

また合わないような気がしてやっぱり戻してみたり、、、

こうやって考えてみると、あたしゃ失敗ばっかしてるなぁ〜

と、思わんでもありませんが


まーとにかく今は少し落ち着いてきたようなので

良かった、良かった、というのが現状です


IMG_5957_convert_20200429163741.jpg


靴下と靴も初めは気になって足を上げて歩いていたバロンですが

今はおやつを貰える一つの手段と受け止めているようで

そんなに嫌がりはしません


脱がせるときは、靴だけ脱がせてあげたら

靴下は自分で先っぽを咥えて、スルンと脱いでくれます(笑)


IMG_5952_convert_20200429163720.jpg


本当に賢いお坊ちゃまです

 
スポンサーサイト



Trackback(0) Comment(5) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2020.04.21(Tue) 15:45
緊急事態宣言を受けて、仕事も行ったり行かなかったり...

まさか世界中でこんなことになるなんて思いもしなかったな。。


自粛は本当に心掛けているのですが

元々インドアな私は、あまり生活に変化があるわけではなくて

買い物と、バロンの散歩、仕事がある日は出勤という感じで

あんまり変化はなかったりします


でも手洗いうがい、マスクはずっとしているし

人が集まっているところはとにかく避けています。


幸い真前に大きなスーパーがあるので買い物には困らないのですが

土日の混雑ぶりったらもうびっくりで

私は買い物を諦めて家に帰りました

あんな大勢の人を相手に(中にはマスクしてない人もいたりするのに…)

毎日笑顔で接客されている店員さんたちには

本当に本当に頭が下がります


バロンの散歩してても、普通にマスクしてなくて

今まで通りお話ししてくる人がいたりして

申し訳ないんだけど、私は絶対感染したくないし

私自身が感染源になるのも絶対嫌なので

隙を見てトンズラする感じの毎日です。(フェイドアウト)


昨日も公園でサッカー教室みたいなのやってて

それもどうなんだろ〜と思わんでもないんだけど

腹が立つのは、その保護者たちが5〜6人集まって、くっちゃべってること。

君らはニュースとか見ないのか

感染してもかまわないの

あなたたちが感染するのは自業自得としても

そこからさらに拡大していくという想像力はないのか


私は夫婦2人暮らし。

どっちかが感染したらきっとどっちも感染してしまいます。

そうなったらダヤンとバロンの面倒はいったい誰がみてくれるの

そればっかり考えているので、コロナの夢を結構見ます


お願いだから、みんなもっと危機感を持って行動してほしいと思います


守りたい人はいませんか

私にはいます。



IMG_1002_convert_20200421153407.jpg


 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:思うこと  Genre:ペット  Theme:犬猫のいる生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2020.04.12(Sun) 23:59
今日はさぶちゃんのお誕生日なので(ギリギリだけど…

さぶちゃんの動画をアップしました







生きていれば、15歳だったね







ダヤ君、さぶちゃんに遊んでもらいたかったんだね


 
Trackback(0) Comment(8) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2020.04.06(Mon) 17:05
バロンの右後肢ですが、先週よりは良くなっていますが

治ってきた頃に、またガリっと噛んでしまって

なかなか簡単にはいかないという状態です



IMG_1313_convert_20200406155853.jpg



ずっと包帯とエリカラでいる間は治りも早いのですが

傷が治ってきたら、包帯を外してエリカラだけになるので

そこがなかなかクリアできません


もうエリカラも何個あんねんってくらい買いましたが

バロンはマズルも胴も長いので、やっぱりとどいてしまいます...


先週、スタンダードダックス用のエリカラを買いましたが



IMG_1328_convert_20200406154935.jpg



めちゃくちゃ頑張ったら、やっぱり少し舐めれるようです…


どうしてエリカラだけにしたいかというと

ずっと包帯を巻いているため、同じ場所に爪が当たって

そこに穴の様な傷ができてしまっているからなんです



IMG_1266_convert_20200406155008.jpg



包帯を巻く時に、指の間に綿花を挟んだりして工夫はしていますが

あまり効果はないようで、やはり足を解放するのが一番だと思われます。


何とかエリカラだけで過ごせるようにしたいけど

そうすると舐めたり噛んだりするリスクが上がるという感じで

今も試行錯誤の毎日を送っています



IMG_1206_convert_20200406165517.jpg



ところで今回の件でわかったことがあるのですが

傷口はしっかり消毒して、ガーゼなどを当てて乾燥させる...

という昔ながらの手当てが、今では全然変わっていて

傷口はきれいに洗って、乾燥させない(保湿する)というのが

今の常識なんだそうてす


具体的には、傷口をきれいに水で洗って(もしくは拭いて)から

患部を乾燥させないよう薄くワセリンを塗ったラップでくるみ

その上から包帯を巻いていました


え〜今頃何言ってんの〜

と思われた方もたくさんいるのでしょうが

お恥ずかしいことに私は知りませんでした


なので、はじめの頃、バロンの傷をせっせと消毒していて

バロンが痛がったので、これでは可哀想だと他の方法を調べた結果、

この痛くなさそうな手当てが

今の主流であることに気がついたというわけです


なるほど、この方法だとバロンは痛がらないし

実際に治りが断然早くなりました

万が一、私と同じ昭和頭の方がいたら気の毒なので

一応、書いておきます


あと、この頃めっきり出番がありませんが、



IMG_1240_convert_20200406155758.jpg



ダヤ君は変わらず、元気です


 
Trackback(0) Comment(10) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2020 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.