dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2015年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (7)
ダヤン (126)
バロン (11)
ダヤンとバロン (20)
バロンとお散歩 (7)
さぶちゃん (12)
ダヤンとさぶちゃん (30)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (4)
ダヤンとピンクパンサー (12)
仲良し (11)
犬のこと (6)
競馬・スポーツ (36)
思うこと (7)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (18)
バロンの病気・健康 (6)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (21)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
2164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

497位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2009.06.26(Fri) 00:00

 

ある日の出来事です。

運動のためにウォーキングを始めて1ヵ月。

同じ道に飽きてきた私は、いつもと違う道を歩こうと思いつきました。

 

20分ほど歩くと、空き地から少年が小走りに出てきました。

 何気に少年を見ていた私の耳に、

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

おかしな声が聞こえ、振り向くとまだ歩くのもおぼつかないような仔猫が

たどたどしい足取りで、少年の後をついてきています­

ちっちゃなその姿は、少年には気づかれず、

あぶなっかしい足取りで道路を歩き出しました。

 

「あ、あぶない・・・」 と、私が引き返そうとした時、

近所のおばさんが、

「あぶない、あぶない! あんた仔猫ついてきてるで!」

少年は慌てて引き返し、仔猫を抱え、

また空き地へ連れて行きました。

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

何とも大きくておかしな鳴き声のその仔猫には、

母猫も兄弟猫もいないようでした・・・。

 

「その猫、飼えるんか?」と、近所のおばさんの問いに、

少年はかすかに首を振ったように見えました。

 

(少年が飼えなければ、仔猫はここに置き去りにされてしまう・・・)

 

しばらく動けずにいた私は、少年に 「その猫、飼えないの?」 と、

確認したい気持ちを抑え、また歩き出しました。

 

(助けられるわけでもないのに、聞いてどうなるというのか・・・)

 

歩いても、歩いても、仔猫と少年のことが頭から離れません。

 

(あんな小さい仔猫が生きていけるわけがない・・・)

(連れて帰ろうか・・・?)

(でも、うちには猫がいるし・・・)

(旦那はまず反対するだろうし・・・)

 

あれこれと悩んで、結局またあの空き地へ・・・

 

そこには、まだ少年と仔猫が遊んでいました。

(この子も気になるんだなぁ・・・)

私はまた、歩き出しました。

(もう少し歩いてから、来てみよう!)

 

10分ほど歩いて、再度空き地へ・・・。

少年と仔猫は、まだそこにいました。

また歩き出し・・・また空き地へ・・・

 

また歩き出し・・・

また空き地へ・・・

 

何度行っても、そこには少年と仔猫が一緒にいました。

 

もう2時間はたっていたでしょう。。。

(この子は、何とかして仔猫を飼ってくれるのかも・・・)

そんな気がしてきた頃、あたりはもう薄暗くなっていました。

 

「よし、もう帰ろう!」

そして、「明日の朝、もう1度来てみよう!」

そう心に決めて、やっと私は家路に着きました。

 

夜明け前、気がつくと雨が降っていました。 

(もし、少年が連れて帰っていなければ、あの仔猫は・・・・・)

 

 「まだ早いけど、行ってみよう!」

いなければきっと、少年がお母さんを説得して、

連れ帰ってくれたという事だ。

でも、もし1人だったら、

どんなに心細い思いをしているか知れない・・・・・

夏とは言え、あんな小さな仔猫が、

たった1人で長く生きれるとは思えない・・・・・

 

 

空き地に仔猫の姿はありませんでしたが、

私は探し回りました。

「なんだ、いないのか・・・」

ホッとしたような、寂しいような気持ちになりながら

最後に・・・・・

「ネコちゃん! いないの?」

と、声を出しました。

 

 

 ­

 

­

 

­

 

 

「キャ・・・   キャ・・・ 」

 

か細いけれど、確かに昨日聞いた

あの声が空き地に響きました。

 

声をたどってみると、

上手に何かの四角いカンカンを雨よけにし、

中でポツンと座り、

すっかり途方に暮れているあの仔猫がいました。

昨日より、すっかり薄汚れて・・・

 

手を差し伸べると、

ヨロヨロしながら、自分で缶から出てきて、

今度はとても大きな声で、

 

「キャ! キャ! キャ! キャ!」

 

 と、私の手の平で鳴き続けました。

 

「ごめんね!  怖かったね!」

 

 

070802_1255~02.JPG

 

 

お気づきかと思いますが、この仔猫はダヤンです。

あの空き地に行くたびに、あの少年を思い出します。

 

もしかしたら少年は・・・

ダヤンを捨てに来ていたのかも知れません。

でも、少年がずっと傍にいてあげなければ、

ダヤンはきっと車に轢かれていたことでしょう・・・

 

少年に会って、

「あの仔猫はとても元気にしてるよ!」

そう、伝えてあげたいのですが、

残念ながら私は彼の顔を覚えていません。

ダヤンはあの少年の事、

覚えているのかなぁ・・・

 

070804_1417~01.JPG

 



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(36) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re:仔猫と少年(06/26)

ドキドキしちゃった(^^;)
どうなったの?どうなったの?って

運命★なんですよね・・・。
出逢ってなければ消えてたかもしれない命の灯。

ダヤ君良かったね^^
きっとダヤ君を捨てた少年もこの事実を知れば喜ぶでしょうね。

NAME:plumeria87 | 2009.06.27(土) 07:21 | URL | [Edit]

 

もうやだな。朝から涙が・・・

よかったぁ!そうかダヤくんのことだったのか!そして朝、Purigeさんが見に行ったときまだ無事でホントによかった!!

・・でもダヤくんは少年の後を追いかけるとは、随分と人懐っこい子でしたね。

同じく公園でひとりで(もうちょい小さかった)チコリは、野生の獣のようにおびえちゃって、とても素手ではつかめないくらいでしよ。もしかして、その少年がごはんあげたりした」ことあるのかもしれませんね。

でも、もうこれ以上は人口ならぬ家庭内猫口を増やせないわたし。
もしどこかでみゅーというか細い声がしても目が合わない限りは通りすぎる?いややっぱり見に行く?
(自分でもわからんです)

NAME:ピノ・ハウス195 | 2009.06.27(土) 08:22 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

 悩殺されますね。少年の心には楔のように
刻まれている思い出になっているでしょう。

 運の強い子ですね。ダヤンくんも。

NAME:ねこむらみるく | 2009.06.27(土) 08:29 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

~~~ヾ(^∇^)おはよ~。

そうだったんですね、
ダヤくんとの出会い・・・

もう1ニャン増えたかと思ってしまいましたぁ。
可愛いわぁ、ほっとけなかった優しいママさん。
今は、とっても幸せです。

NAME:ケイ723 | 2009.06.27(土) 09:36 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

どうなっちゃうんだろうとドキドキしながら
読んでいたら、ダヤ君の事だったんですね。

ホッとしました(泣)

悩んで悩んで見に行って・・・
無事にPurigeさんちの子になって
よかった!
本当にそう思います。

NAME:スーのパパとママ | 2009.06.27(土) 10:51 | URL | [Edit]

 

ううっ

こんにちわー
思わず...目から汗が...
まさに運命の出会いだったかもですね
幼少のダヤンちゃん
くそぅ 可愛すぎるぜ!

NAME:9猫飼い | 2009.06.27(土) 12:38 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

そんなことがあったんですね・・・
どうしようか悩む気持ちとってもよくわかりますよ~!
でも、その日違う道を通ろうと思ったことは偶然じゃなかったんですね。
おかげでダヤくんに出会えて・・・私たちも可愛いダヤくんの姿を見ることができるんですから。
それにしても幼い頃のダヤくん・・・絶対に可愛いだろうと思ってたらやっぱり可愛かったですね♪
こんな可愛い子と出会えて感謝ですよね^^

NAME:rururu77 | 2009.06.27(土) 13:14 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

はじめまして、しまミーコです。
9猫飼いさんのところから来ました。
ドキドキしながら読みました。
よかった~!
日記も一気にさかのぼって読んでしまいました^^。
お気に入りにしれさせていただきました。
これからもよろしくです^^。

NAME:しまミーコ | 2009.06.27(土) 13:58 | URL | [Edit]

 

plumeria87様へ

>ドキドキしちゃった(^^;)
>どうなったの?どうなったの?って

>運命★なんですよね・・・。
>出逢ってなければ消えてたかもしれない命の灯。

>ダヤ君良かったね^^
>きっとダヤ君を捨てた少年もこの事実を知れば喜ぶでしょうね。

偶然って運命ですよね^^
少年が捨てにきたのかどうか、よくわからないんですけど、私も子供の頃に仔猫を拾っては途方に暮れた思い出がありますので、少年の気持ちは痛いほどわかるんですよね。。。

だからダヤンの事、教えてあげたいんですけど、その時は仔猫(ダヤン)ばかりみていたので、全く彼を覚えていないんですよね。。。

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 14:00 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

 ダヤンよかったんだね、こうやって優しい人に助けてもらえたんだから。

 運命ってほんの一瞬で決まってしまうことがあるっていうことですよね。数分でも通過する時間が違っていたら、ダヤンはどうなってたかと思うと、怖いですね。

NAME:やっ | 2009.06.27(土) 14:17 | URL | [Edit]

 

ピノ・ハウス195様へ

>よかったぁ!そうかダヤくんのことだったのか!そして朝、Purigeさんが見に行ったときまだ無事でホントによかった!!

本当に・・・。
冬だったら1日でも死んでしまってたかも知れません。
いる、いない、以前に、「死んでたら私のせいだ・・・」って思いながら、自転車こいで行ったのを覚えています。

>・・でもダヤくんは少年の後を追いかけるとは、随分と人懐っこい子でしたね。

人懐こい仔猫じゃなかったら、きっと私は気づかなかったでしょうね。
私にも、あった瞬間から懐いてくれてましたし・・・^^;

>同じく公園でひとりで(もうちょい小さかった)チコリは、野生の獣のようにおびえちゃって、とても素手ではつかめないくらいでしよ。もしかして、その少年がごはんあげたりした」ことあるのかもしれませんね。

>でも、もうこれ以上は人口ならぬ家庭内猫口を増やせないわたし。
>もしどこかでみゅーというか細い声がしても目が合わない限りは通りすぎる?いややっぱり見に行く?
>(自分でもわからんです)

チコリちゃんが!
人と関わらないまま、公園で怖い思いをしていたのでしょうね・・・。
そういえば、チコリちゃんは人間より猫さんに夢中ですもんね^^

私ももう、これ以上は飼えないんです。
マンションで、2匹まで・・・と決められていますし、私自身が2匹以上飼う自信がないのです。

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 14:25 | URL | [Edit]

 

ねこむらみるく様へ

> 悩殺されますね。少年の心には楔のように
>刻まれている思い出になっているでしょう。

> 運の強い子ですね。ダヤンくんも。

ダヤンを見て1番感じた事は、生命力の強さでした。
ダヤンは何をするのも必死で、ひたむきで、見ているだけで勇気付けられるような仔猫でした。
私は一瞬でこの仔猫(ダヤン)に夢中になってしまったようです^^

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 14:53 | URL | [Edit]

 

ケイ723さん

ケイ723さん
>~~~ヾ(^∇^)おはよ~。

>そうだったんですね、
>ダヤくんとの出会い・・・

>もう1ニャン増えたかと思ってしまいましたぁ。
>可愛いわぁ、ほっとけなかった優しいママさん。
>今は、とっても幸せです。

いやいや、仔猫を見かけても、いつもは見てるだけです・・・。
ダヤンが気になった理由は、ものすごく小さいのに、たった1人だったことと、少年にものすごく懐いていたからです。
そして何よりも、もう1匹猫を飼いたいという気持ちが私に合ったから・・・だと思います。
でも、ダヤンに出会えて、とっても幸せです^^

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 15:04 | URL | [Edit]

 

スーのパパとママ様へ

>どうなっちゃうんだろうとドキドキしながら
>読んでいたら、ダヤ君の事だったんですね。

>ホッとしました(泣)

>悩んで悩んで見に行って・・・
>無事にPurigeさんちの子になって
>よかった!
>本当にそう思います。

ドキドキして読んで下さって、ありがとうございます^^
本当に迷いに迷っての決断でした・・・。
マイケルが老猫なので、ストレスになったらどうしようかと、それだけが気がかりでした。
連れて帰ってからも、数ヶ月は心配でしたが、今はすっかり仲良く(?)なってくれて、ホント幸せです♪

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 15:20 | URL | [Edit]

 

9猫飼い様へ

>こんにちわー
>思わず...目から汗が...
>まさに運命の出会いだったかもですね
>幼少のダヤンちゃん
>くそぅ 可愛すぎるぜ!

運命ですよね~^^
ダヤンを探しに行った前日に、実は昔飼っていた大好きな犬の夢を見たんです。
私は実家を出て、1人暮らしを始めたので、その犬とはバラバラになり、最期を看取ってあげられなかった犬でした。
キティという犬でした。
キティが、あの仔猫を助けてあげて・・・って言ってるような気がして。。。

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 15:32 | URL | [Edit]

 

rururu77様へ

>そんなことがあったんですね・・・
>どうしようか悩む気持ちとってもよくわかりますよ~!
>でも、その日違う道を通ろうと思ったことは偶然じゃなかったんですね。
>おかげでダヤくんに出会えて・・・私たちも可愛いダヤくんの姿を見ることができるんですから。
>それにしても幼い頃のダヤくん・・・絶対に可愛いだろうと思ってたらやっぱり可愛かったですね♪
>こんな可愛い子と出会えて感謝ですよね^^

せなちゃん(?)に、似てません?
ダヤンが居た所は、めったに行かない場所でした。
小さい工場が多いので、歩いても楽しくないというか何と言うか・・・^^;
でも、工場や空き地があるために、野良猫は多いようでした。
実は、迷いながらくるくる歩いている時にも仔猫を何匹か見かけたのですが、みんなダヤンより大きくて、母親や兄弟と一緒でした。
だからこそ、ダヤンがこんなに小さいのに1人でいることが気になってしょうがなかったんだと思います。

でも、あの日いつもの道を歩かなくって本当に良かったな~って思います♪

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 15:49 | URL | [Edit]

 

しまミーコ様へ

>はじめまして、しまミーコです。
>9猫飼いさんのところから来ました。
>ドキドキしながら読みました。
>よかった~!
>日記も一気にさかのぼって読んでしまいました^^。
>お気に入りにしれさせていただきました。
>これからもよろしくです^^。

はじめまして! こんにちは!
お気に入り登録、ありがとうございます^^
私も登録させて頂きました♪

ドキドキして読んで下さってありがとうございます^^
他の日記も読んで下さって、とても嬉しいです!!
のんびりした更新ですが、これからもよろしくお願いします♪

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 16:14 | URL | [Edit]

 

やっさんです様へ

> ダヤンよかったんだね、こうやって優しい人に助けてもらえたんだから。

> 運命ってほんの一瞬で決まってしまうことがあるっていうことですよね。数分でも通過する時間が違っていたら、ダヤンはどうなってたかと思うと、怖いですね。

ダヤンは健康でしたが、この時猫疥癬に感染していました。
野良猫として大きくなれたとしても、皮膚はひどい状態になっていたと思います。

あの時は私が助けることができましたが、今は私がダヤンに支えられています^^
運命、出会いに感謝です♪

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 16:21 | URL | [Edit]

 

こんばんは^^

ダヤン君そんな出会いがあったんですか
今は幸せなダヤン君でよかった
我が家のワンコも色々事情がある仔達です
今は幸せでいてくれてる事が一番ですね
子猫の小さな命・・・
きっとその時の少年も忘れずにいると思いますよ

NAME:mari♪mari♪ | 2009.06.27(土) 19:49 | URL | [Edit]

 

こんばんは☆

子猫どうなるんだろう?って読んでったら・・・
ダヤ君との出会いだったんですね(o^-')b
これも本当に運命ですよね☆
ママさんに引き取られなければ・・・
って考えるとコワイぐらい(≧ω≦)
出会えてよかったですね♪

NAME:ねこLOVE3 | 2009.06.27(土) 20:37 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

絵本を読んでいるような気分でしたが。。。
そ~ですか・・・ダヤンくんとの運命的な出会いだったんですね(*^_^*)
ダヤンく~ん良かったねPurigeさんと出会えて(●^o^●)

NAME:小太郎のママ8528 | 2009.06.27(土) 21:05 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

私も10年以上前に、似たような経験があります。
一人暮らしだしワンルームだし、飼えないことは明らかだったのですが、
あまりに気になったので翌日行ってみました。
でも子猫は見つかりませんでした。
今でもたまに思い出す事があります。
生きていてくれたかな。。

NAME:sizk777 | 2009.06.27(土) 22:31 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

やーん、仔猫のダヤン君、超かわいい♪

その男の子の優しさがPurigeさんとダヤン君を引き合わせてくれたんですね☆

そして、必死に保護してくれる人を求め続けたダヤン君の強さと人懐こさがダヤン君に幸せをもらたしてくれたんだぁ(*^_^*)

NAME:hoonyan | 2009.06.27(土) 23:13 | URL | [Edit]

 

mari♪mari♪様へ

>ダヤン君そんな出会いがあったんですか
>今は幸せなダヤン君でよかった
>我が家のワンコも色々事情がある仔達です
>今は幸せでいてくれてる事が一番ですね
>子猫の小さな命・・・
>きっとその時の少年も忘れずにいると思いますよ

少年は、きっと覚えているでしょうね。。。
だからこそ、一声かけてあげたいと思って、何度かあの空き地にも行くんですけれどね・・・。
小学生だったから、すぐ大きくなっちゃうし、第一顔を覚えていないし・・・^^;

でも、優しい男の子だなぁ~って思いました^^

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 23:31 | URL | [Edit]

 

ねこLOVE3様へ

>子猫どうなるんだろう?って読んでったら・・・
>ダヤ君との出会いだったんですね(o^-')b
>これも本当に運命ですよね☆
>ママさんに引き取られなければ・・・
>って考えるとコワイぐらい(≧ω≦)
>出会えてよかったですね♪

ダヤンは、健康でしたが、その時、猫疥癬に感染していました。
もちろんノミもいましたし、野良として上手く育ったとしても、皮膚は大変な事になってただろうなぁ・・・って思います。

いろんな偶然が重なって、出会ったダヤンですから、やっぱり運命かな?って思いますね^^

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 23:35 | URL | [Edit]

 

小太郎のママ8528様へ

>絵本を読んでいるような気分でしたが。。。
>そ~ですか・・・ダヤンくんとの運命的な出会いだったんですね(*^_^*)
>ダヤンく~ん良かったねPurigeさんと出会えて(●^o^●)

ダヤンと出会えたこと、一緒に暮らせること、ダヤンよりも私の方がよかったんだろうな~って、時々思います^^
もう、2度とあの日の夜のように、不安な思いはさせないです!

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 23:41 | URL | [Edit]

 

sizk777様へ

>私も10年以上前に、似たような経験があります。
>一人暮らしだしワンルームだし、飼えないことは明らかだったのですが、
>あまりに気になったので翌日行ってみました。
>でも子猫は見つかりませんでした。
>今でもたまに思い出す事があります。
>生きていてくれたかな。。

いなくなっていたなら、きっと誰かに拾われたんじゃないでしょうか?
そうであってほしいですね^^

私も今、同じ境遇になったら、あの時と同じように助けられる自信がありません。
家はマンションで、動物は2匹までと決められていますし、2匹以上の動物をちゃんとお世話できる自信も私にはありませんので・・・

あの日、きっと少年は、sizk777様と同じような気持ちで、仔猫を探したと思うんですよね。
その時は、ダヤンのことで頭がいっぱいでしたが、今思うとすぐ後にあの場所に行けば、簡単に少年に会えたんじゃないかな~って思うと、少年に申し訳ないことをしたなぁ・・・って思います。

NAME:Purige | 2009.06.27(土) 23:53 | URL | [Edit]

 

hoonyan様へ

>やーん、仔猫のダヤン君、超かわいい♪

>その男の子の優しさがPurigeさんとダヤン君を引き合わせてくれたんですね☆

>そして、必死に保護してくれる人を求め続けたダヤン君の強さと人懐こさがダヤン君に幸せをもらたしてくれたんだぁ(*^_^*)

少年には、とても感謝しています。
ダヤンが元気にしていることをぜひ伝えたかったんですけれどね・・・。

ダヤンは、まさに助けてくれる人を必死で求めているようでした。
少年の後をヨチヨチと追い掛け回す姿に、私はまず惹かれたんです。
そして私が初めて触った時にも、何のためらいもなく、私の手をよじ登ってきて、頬に顔をくっつけて「キャッキャ!」と叫ぶダヤンに、一瞬で恋してしまいまったんですよね~♪

NAME:Purige | 2009.06.28(日) 00:16 | URL | [Edit]

 

Re: 仔猫と少年

ダヤンくんもこんな物語があったんだ。
ダヤンくん今は幸せですね。

NAME:矢野材木店 | 2009.06.28(日) 11:25 | URL | [Edit]

 

矢野材木店様へ

>ダヤンくんもこんな物語があったんだ。
>ダヤンくん今は幸せですね。

ありがとうございます^^
ダヤンが幸せなら、嬉しいです♪
これからもずっと、幸せでいてくれるように、がんばります!

NAME:Purige | 2009.06.28(日) 11:46 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

どうなる事かとドキドキしちゃいました~(@_@;)

目頭が熱くなってしました~(T_T)(T_T)(T_T)

ダヤ君♪本当に良かった~(>_<)♪
今日はそれ以上の言葉がありません~(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪
お母さん猫の置いて行かれた小丸と重なってしまいました~(T_T)

NAME:AYA1012 | 2009.06.28(日) 18:58 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

そういうことがあったんですね~。
ダヤくん、Purigeさんに
助けてもらって、幸せですねっ♪
たまたま違う道を歩いてて出会ったって・・
まさに「運命」ですね(>_<)

それにしても、仔猫のダヤンくん
眼がぱっちりで可愛いですねぇ☆

NAME:☆Yuri☆ | 2009.06.28(日) 21:41 | URL | [Edit]

 

Re:仔猫と少年(06/26)

はぁ~良かった~(>_<)どうなるかと思いました。
ダヤ君が無事で良かった☆
なんか運命を感じますね(*^_^*)

NAME:ジョンとバイス | 2009.06.28(日) 22:19 | URL | [Edit]

 

AYA1012様へ

>どうなる事かとドキドキしちゃいました~(@_@;)

>目頭が熱くなってしました~(T_T)(T_T)(T_T)

>ダヤ君♪本当に良かった~(>_<)♪
>今日はそれ以上の言葉がありません~(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪(T_T)♪
>お母さん猫の置いて行かれた小丸と重なってしまいました~(T_T)

小丸ちゃん、お母さん猫に置いて行かれたんですか・・・?
かわいそうにね。。。
ダヤンは母猫とどんなふうに離れてしまったのか、見当もつきませんが、とても寂しかったのは間違いないと思います。
ダヤンは、拾ったその時から、甘えん坊で、離れようとすると「ピーピー」泣きました。
ご飯への不安と、離れていく不安が、とっても大きかったと思います。
そして、驚くほどに賢くて、聞き分けが良かったんです。
私にはその姿が、もう2度と捨てられないようにと頑張っているように思えてなりませんでした・・・
だから今、わがままやイタズラを楽しそうにしてくれる姿が、とっても嬉しいです^^

NAME:Purige | 2009.06.28(日) 22:47 | URL | [Edit]

 

☆Yuri☆様へ

>そういうことがあったんですね~。
>ダヤくん、Purigeさんに
>助けてもらって、幸せですねっ♪
>たまたま違う道を歩いてて出会ったって・・
>まさに「運命」ですね(>_<)

きっとダヤンは家の子になる運命だったんだって、私も思います^^
この空き地近辺は、小さい工場が多いので、歩いて通ることは、ほとんどないんです。
ダヤンを拾ってからは、たまに懐かしくて行くようになったんですけど♪

>それにしても、仔猫のダヤンくん
>眼がぱっちりで可愛いですねぇ☆

可愛いですか!
それは嬉しいです~♪
実は来た時は、オロオロして、写真どころじゃなかったんですよ^^;
数日して、「あっ! 写真撮らなきゃ!」って、携帯で何枚か撮ったって感じです。
デジカメも持ってなかったし・・・。
来た当初は目の焦点も合っていなくって、心配していたんですけど、今では健康優良児です^^

NAME:Purige | 2009.06.28(日) 22:57 | URL | [Edit]

 

ジョンとバイス様へ

>はぁ~良かった~(>_<)どうなるかと思いました。
>ダヤ君が無事で良かった☆
>なんか運命を感じますね(*^_^*)

はい、ダヤンが無事で良かったです^^
夜中に何かあったらどうしようかと、すごく心配しましたが、ダヤンは無駄な動きはしない仔猫で、人がいないと全く鳴かないし、ジッとしていたみたいです。
(うちに来てからもそうだったので・・・)

仔猫の生命力というか、本能なんでしょうね~!

NAME:Purige | 2009.06.28(日) 23:03 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.