dj_top

ランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

よければ応援お願いします☆

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Purige

Author:Purige
   
 猫⇒ダヤン♂(2007年7月7日生)
 2007年7月 Purigeに保護され
 すくすくすくすくと育ちまくり
 ダイエットを余儀なくされる。
       
 犬⇒バロン♂(2013年7月31日)
 2015年2月 保護犬カフェ鶴橋店より
 Purige家族に加わり、皮膚病治療を
 しながらも犬生を謳歌しています。
 旧名 翔太

 犬⇒さぶ♂(2005年4月12日)
 2013年12月 保護犬カフェ天神橋店
 よりPurige家族へ加わり、新たな
 犬生を謳歌していましたが、
 20015年8月、お空に旅立ちました。
 大好きなさぶちゃんの思い出を
 これからも綴っていきたいと思います。

      
※ ご訪問&コメント
  いつもありがとうございます☆ 
  
  愛猫マイケルが亡くなりました後、
  長い間、コメント欄での個別返信を
  お休みさせて頂いておりましたが、
  2016年4月より、また再開しました。
  お時間のあります時に、また
  読みに来て下さると嬉しいです♪

このブログをリンクに追加する

お知らせ (15)
はじめまして! (7)
ダヤン (130)
バロン (14)
ダヤンとバロン (22)
バロンとお散歩 (10)
さぶちゃん (13)
ダヤンとさぶちゃん (31)
さぶちゃんとお散歩 (6)
マイケル (43)
マイケルとダヤン (60)
サラちゃんとマイケル (4)
ダヤンとピンクパンサー (12)
仲良し (11)
犬のこと (6)
競馬・スポーツ (36)
思うこと (6)
本 (2)
ダヤンの病気・健康 (24)
バロンの病気・健康 (6)
ダヤンとバロンの病気・健康 (1)
さぶの病気・健康 (23)
マイケルの病気・健康 (45)
その他 (21)

全ての記事を表示する

この人とブロともになる

[ジャンルランキング]
ペット
4899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1040位
アクセスランキングを見る>>

猫のダヤンと犬のバロンの日常を綴ります♪
http://dayan07.blog.fc2.com/
sen
2009.12.03(Thu) 00:00




ブログ友達の ピノ様 が以前紹介して下さっていた

ドキュメンタリー映画 「犬と猫と人間と」 を

やっと、観に行って来ました。


ある程度覚悟はしていましたが、

始まって5分たった頃には、

もう涙が・・・ホント最近涙もろくって・・・

実は予告の時点で、もう涙をこらえていました。


でも、犬が好きな人も、猫が好きな人も、

動物が大好きな人も、

「辛い映画だから観たくないな・・・」 って、

思わないで欲しいです。


悲しいだけのお話ではありません。

命の重さをじっくり・・・じっくりと・・・

考えていく映画です。


これからの、日本の未来のお話です。


映画は今まで何度も観に行きましたが、

エンドロールが流れ終わり、

劇場の照明が明るくなるまで、

誰も席を立たなかった映画は初めてでした。


きっとみんな、その胸に、

死に逝く命の重さを

そして今を生きている命の重さを

どっしりと受け止めて

なかなか動けなかったんじゃないかな・・・

そんな気がしました。。。




そして、たまたま・・・というか、偶然にも

昨日の夜、日テレの「NEWS ZERO」で、

熊本市の動物保護センターが

犬猫の殺処分ゼロを目指しているという

ある取り組みについての密着取材をしていました。


熊本市では、この取り組みを7年前から行い

今は限りなくゼロに近い頭数に減らすことに


何と、成功しているそうです!!


これは、すごいことです!


また、やむを得ず行われる数頭の処分についても

殺処分という、ガスでもがき苦しみながら死んでいくのではなく

人の手で注射を使って、「安楽死」させることができています。


その取り組み方法ですが、

まず、無責任に犬猫を連れてくる人たちを

とにかく説得し、安易に引き取ることをしない。


決して突き放すわけではなく、

どうしても飼えない犬猫の譲渡会を開いたり

新聞の広告欄で飼い主を探す方法などを

丁寧に説明してあげるそうです。


そして新しく決まった飼い主にも、

同じ不幸が起こらないように

ガス室で死んでいく犬猫のビデオを見せるそうです。


また、飼い方に問題のある飼い主に対しては、

職員が自宅まで直接行って、

「飼っている動物の責任はすべて自分にあること」

「終生、飼わなくてはならないこと」

などを根気よく説明し、適切な指導を行っているそうです。


これは、本当に素晴しいことです!




私は、犬猫の殺処分頭数を初めて聞いた時、

「日本に未来はないな・・・」 と思いました。

殺処分を失くす事なんて、夢のまた夢・・・

いっそ英国にでも移住しようか・・・とさえ思いました。


でも、その当時から比べれば、

確実に殺処分頭数は減ってきています。

まだまだ31万頭という、恐ろしい頭数ではありますが、

それでも、確実に減ってきています。



そして、あの怖い怖い殺処分機を

使わずに済んでいる自治体が

現実に、日本に存在しているのです!!

 

未来を信じてみたくなりませんか・・・

 


CIMG3170.JPG





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(30) 
Category:思うこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

 こういう映画はぜひ幼稚園や小学校、
中学、高校までも広く見せて欲しいです。
 まだココロガ柔らかい子供達に。

 各地でこういった行動が起きてきて
全国で連携できればもっと不幸になる
犬や猫が減らせるでしょう。そういう
方向へ行政が舵取りしてくれるように
してほしいですね。

 岐阜の保健所でも殺処分0を行っている
ところがあると聞いています。嬉しいです。

NAME:ねこむらみるく | 2009.12.03(木) 08:48 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

犬の殺処分は減っているのに
猫の殺処分の数は毎年増えているそうです。
殺処分が0になる日はいつになったら
来るのでしょうか?
死ぬのを待つ命と
コタツで寝ているうちの猫たち
同じ命なのにね。

NAME:スーのパパとママ | 2009.12.03(木) 12:52 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

素晴らしいの一言だわぁ。

ドイツはOですものね、
日本だって出来ない事はないはず。
連れてきたからって、簡単に引き取らないで欲しいですね。
でも、まずは簡単に売らない・増やさない事も大切ですね。
スーパーで大根を買うように簡単に買えちゃう、
命なのに。

NAME:ケイ723 | 2009.12.03(木) 13:19 | URL | [Edit]

 

ねこむらみるく様へ

> こういう映画はぜひ幼稚園や小学校、
>中学、高校までも広く見せて欲しいです。
> まだココロガ柔らかい子供達に。

> 各地でこういった行動が起きてきて
>全国で連携できればもっと不幸になる
>犬や猫が減らせるでしょう。そういう
>方向へ行政が舵取りしてくれるように
>してほしいですね。

> 岐阜の保健所でも殺処分0を行っている
>ところがあると聞いています。嬉しいです。

私もそう思います。
親がこうゆう映画を見せる家庭は、おそらく日常的に命の大切さを教えてくれる親なのだと思います。
問題は、そうではない家庭の子供達です。
ですから、これは学校教育の中で、教えてあげてほしい。
教えてあげなければいけないと思います。
映画の中でも捨て犬を自分達のお小遣いで育てながら、里親を見つける小学生の女の子達が出てきます。
ボランティアで犬のお世話をしている大学生達が出てきます。
優しい子供達はたくさんいます。
そして何にも知らない子供達も・・・。

岐阜の殺処分ゼロ、また調べてみます。
嬉しい情報をありがとうございます!

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 17:05 | URL | [Edit]

 

スーのパパとママ様へ

>犬の殺処分は減っているのに
>猫の殺処分の数は毎年増えているそうです。
>殺処分が0になる日はいつになったら
>来るのでしょうか?
>死ぬのを待つ命と
>コタツで寝ているうちの猫たち
>同じ命なのにね。

そうですね。
猫の殺処分は、全く減っていません。
そしてほとんどの保護センターでは、猫の譲渡を行っていません。
つまり、みんな殺処分です。
なぜ、野良猫の避妊・去勢を片っ端から行わないのでしょうか?
野良猫の出産を、誰が望むのでしょうか?
そして、殺処分を誰が望むのでしょうか?

この映画で初めて知ったのですが、ロンドンには野良猫がいないそうです。
全ての猫が保護され、そして必ず譲渡されているそうです。
イギリスでも犬は処分されています。
(日本の15分の1だし、安楽死処置ですが)
でも、猫はみんな助かっているのです!
これには驚きと尊敬のような思いを抱きました。

本気になれば、犬より猫の方が、殺処分ゼロは叶う・・・ということです。

希望を持ちましょう。
まだまだ問題は山積みですが、殺処分ゼロを願う人たちが、「無理だ」と思ってしまえば、間違いなく「無理」です。
でも、できると思えばそれは叶うのかもしれない。
叶わなくても近づくことができます。
だから、希望を持たなければ・・・と思います。

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 17:32 | URL | [Edit]

 

ケイ723様へ

>素晴らしいの一言だわぁ。

>ドイツはOですものね、
>日本だって出来ない事はないはず。
>連れてきたからって、簡単に引き取らないで欲しいですね。
>でも、まずは簡単に売らない・増やさない事も大切ですね。
>スーパーで大根を買うように簡単に買えちゃう、
>命なのに。

動物愛護では世界一と言われるイギリスでも、犬の処分は年間7千頭いるそうです。
「イギリスでもできていないのに、日本にできるわけがない」というボランティアさんの話が映画の中に出てきて、胸が詰まりました。
一生のほとんどを犬猫を救うことに捧げた人の言葉は、とても重い。
「でも減らすことはできるんです」と。。。
私もその通りだと思いました。

でも、今、ドイツはできている、そして熊本市も!
やはりこれは素晴しいことだと思います。

まだまだ試行錯誤の中での取り組みのようですが、
行政が殺処分ゼロを目指して動き出している・・・ということが、本当に嬉しかったです。

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 17:46 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

この映画・・私も観たら絶対にすぐ泣くことでしょう。
私もイオリさんと暮らし始めてから熊本の動物保護センターの取り組みについて知りました。すごいな熊本市・・なんて熊本人なのに思ってしまいました^^;

NAME:イオリ72 | 2009.12.03(木) 18:43 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と

ボクは、ある現場を見ると一日辛いんですが、たまに猫ちゃんが車で轢き殺された跡を見かけた時です(T-T)
人間はひき逃げ事件としてニュースが流れますが猫ちゃんは流れた記憶がありません(T-T)
同じ生き物なのにね(・_・、)
ボクも見に行きたいです(>_<)

NAME:モンテパブリック | 2009.12.03(木) 18:58 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

こんばんは☆

私も昨日ZERO見たよ~☆
自治体でやろうとすればできるんだよね(*^▽^*)
見習って他の自治体でもやって欲しい。
そこでもやってたけど、仔猫を生んだから処分して欲しいって電話が・・・
その飼い主が信じられない!!
自分で里親を探そうともせずに。。。
飼えないなら産ませないようにきちんと避妊手術すべき!
なんで自分ところで生まれた子をそんなことできるのか?
私にはまったく理解できないわ。
0になるといいなぁ(=^-^=)

NAME:ねこLOVE3 | 2009.12.03(木) 20:30 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

今まで<辛い事>に眼を背けて来ました(*_*;
でも!それじゃ~何の解決にもならない事も十分に分かってるつもりでした!
が!
一人からでも・・・小さな声をあげて行かないと大きな声にならないですもんね!
人々に<意識>してもらうためにも・・・

NAME:小太郎のママ8528 | 2009.12.03(木) 21:29 | URL | [Edit]

 

イオリ72様へ

>この映画・・私も観たら絶対にすぐ泣くことでしょう。
>私もイオリさんと暮らし始めてから熊本の動物保護センターの取り組みについて知りました。すごいな熊本市・・なんて熊本人なのに思ってしまいました^^;

大丈夫です、みんなズルズルでしたから^^;
と言っても、私も泣くとわかっていたので、
1人で観に行きましたけど。。。

イオリさんは熊本でしたね!
いやホントにすごいって思いましたよ!
為せば成る・・・ですよね!

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 22:13 | URL | [Edit]

 

モンテパブリック様へ

>ボクは、ある現場を見ると一日辛いんですが、たまに猫ちゃんが車で轢き殺された跡を見かけた時です(T-T)
>人間はひき逃げ事件としてニュースが流れますが猫ちゃんは流れた記憶がありません(T-T)
>同じ生き物なのにね(・_・、)
>ボクも見に行きたいです(>_<)

わかります。
私も猫が危なっかしく車が来ているのに道路を渡ろうとしていると、思わずさりげなく私が道路に出て進路を阻んだりしてしまいます・・・。
私なら、そうそう轢かれませんから・・・。

映画で初めて知ったのですが、イギリスには野良猫がいないそうです。
全て保護され、飼い主を必ず見つけてくれるそうです。
車社会の日本も、やはり見習うべきことだと思います。

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 22:20 | URL | [Edit]

 

ねこLOVE3様へ

>こんばんは☆

>私も昨日ZERO見たよ~☆
>自治体でやろうとすればできるんだよね(*^▽^*)
>見習って他の自治体でもやって欲しい。
>そこでもやってたけど、仔猫を生んだから処分して欲しいって電話が・・・
>その飼い主が信じられない!!
>自分で里親を探そうともせずに。。。
>飼えないなら産ませないようにきちんと避妊手術すべき!
>なんで自分ところで生まれた子をそんなことできるのか?
>私にはまったく理解できないわ。
>0になるといいなぁ(=^-^=)

見ましたか!
きっとやればできるんです。
でも、決して簡単な事ではないと思います。
それだけに、熊本市の取り組みには感動しました。
行政が行政が・・・と文句を言うのは簡単なことですが、
こうやって嫌な思いをしてでも、前向きに殺処分を減らず努力をして成果が出てきている行政を
これからもどんどん紹介してほしいと思います。

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 22:30 | URL | [Edit]

 

小太郎のママ8528様へ

>今まで<辛い事>に眼を背けて来ました(*_*;
>でも!それじゃ~何の解決にもならない事も十分に分かってるつもりでした!
>が!
>一人からでも・・・小さな声をあげて行かないと大きな声にならないですもんね!
>人々に<意識>してもらうためにも・・・

そうなんですよね!
私も同じです。
昨日も散々映画の中で処分される犬達の顔を見た後に、ニュースで同じような処分場の映像が流れたので、チャンネルを変えそうになりました。
もう、今日はいい・・・今日は・・・

でも、内容はとても嬉しいお話でした。
やはり情報は更新していかなければ・・・
良いことも悪いことも、知らなければ前には進まないんですよね!

NAME:Purige | 2009.12.03(木) 22:44 | URL | [Edit]

 

熊本市すごいです!

犬猫の殺処分ゼロ!すべての自治体でそうなってほしいです。。。というか最初に殺処分しようという取り決めができたことがまずおそろしいことですが、それを当たり前としてこれからも過ぎていかず、変えていこうとすることが一番大事だと思います。
自宅まで指導に行く!ってのもすごい!!
よいモデルケースとして、全国的にそうなっていってほしいですね☆

NAME:ピノ・ハウス195 | 2009.12.03(木) 23:36 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

この映画ね・・・私、見れなくって・・・
見る事・知る事が、最初の第一歩だと分かってるんだけど~見る勇気がないの。ごめんなさい(>_<)
でも、ZEROは見ましたよ!
この熊本市の取り組みは凄いですよね。
ZEROは何度か動物の殺処分についての特集してるので、よく見てるんです。
TVの影響って凄いので、これからも特集してもらえるように、番組にメール出しちゃいました(^^ゞ

NAME:ジョンとバイス | 2009.12.04(金) 01:50 | URL | [Edit]

 

ピノ・ハウス195様へ

>犬猫の殺処分ゼロ!すべての自治体でそうなってほしいです。。。というか最初に殺処分しようという取り決めができたことがまずおそろしいことですが、それを当たり前としてこれからも過ぎていかず、変えていこうとすることが一番大事だと思います。
>自宅まで指導に行く!ってのもすごい!!
>よいモデルケースとして、全国的にそうなっていってほしいですね☆

本当にすごいですよね!
殺処分を減らす努力はどこもしている・・・といいますが、実際は首を傾げたくなるような自治体もあります。
私の住む大阪では、NPOの保護施設が犬の引取りをお願いした時に、拒否しています。
数頭でも助けたいと、信頼のおける保護施設が申し出ているのに、なぜ断ってまで殺す必要があるのでしょう?
殺処分をなくしていくという風潮が、もっともっと広がっていけば、きっとペットショップで売られる動物も減ってきますよね。

映画の中の「日本の犬には生まれたくない」と言う言葉が、
胸にしみました・・・。

NAME:Purige | 2009.12.04(金) 02:14 | URL | [Edit]

 

ジョンとバイス様へ

>この映画ね・・・私、見れなくって・・・
>見る事・知る事が、最初の第一歩だと分かってるんだけど~見る勇気がないの。ごめんなさい(>_<)
>でも、ZEROは見ましたよ!
>この熊本市の取り組みは凄いですよね。
>ZEROは何度か動物の殺処分についての特集してるので、よく見てるんです。
>TVの影響って凄いので、これからも特集してもらえるように、番組にメール出しちゃいました(^^ゞ

おお~! 私もZEROのHPにお礼のメールを入れましたよ~(>_<)
マスコミの力は本当に大きいですので、どんどん放送してほしいですよね!!

私もこの映画は見たくなかったので、よくわかります。
予告のお話だけで、お腹いっぱいになりました(涙)
でも来場客数が多ければ多いほど、話題になるのではないかと思って・・・^^;
でも、終わった時には、「観なきゃ良かった」、とは思いませんでした。
不思議と前向きな気持ちになりました。

映画に出てくる大学生が
「状況はどんどん変わってきているので、情報を更新していってほしい」と言います。
確かにそのとおりだと思いました。
私は、熊本市の取り組みも知らずにいましたから。。。

この流れがどんどん拡がっていってほしいですね!

NAME:Purige | 2009.12.04(金) 02:48 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

犬や猫に対する環境や法律のようなものはまだまだ厳しいものなんですね。
でも、こういう映画があるということは何とかしようとしてる人もたくさん居るということですよね。
それに熊本市の取り組みが成功してるのは素晴らしいことだと思います。
これをきっかけに、やる気になればできるということを他の自治体や国が分かってくれることを祈りたいです。

NAME:rururu77 | 2009.12.04(金) 16:43 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

“犬と猫と人間と”題を聞いただけで胸が一杯になってしまって観る勇気がありません(>_<)
 
今の政党同士の国民置き去りの自党だけの事しか考えていないような政局…。
そして自分の事しか考えていない人々が多くなった日本!!
一体どうなってしまうの??と怖くなって希望も失せてしまいそう(>_<)
でも…。
>熊本市の動物保護センターが犬猫の殺処分ゼロを目指しているという…。
全国民の内どれだけの人が本当に何とかしようと思っているか判らないけれど…。
そして一人の力では微々たる力だけど
昨日偶然にもチェーンメールが回って来ましたが一人から二人と倍々に広がっていけば…

未来を信じてみたくなりました(^^♪
ちゃんと観に行かなきゃいけませんね( ^)o(^ )v

NAME:AYA1012 | 2009.12.04(金) 23:24 | URL | [Edit]

 

お久しぶりです

ボクもニュースゼロの話をみましたよ!

やはり根気って大切ですよね。
そして、人間の身勝手で生まれた子を人間の手殺処分の現状というのはやはり改善していかないとダメですね。

ネコについてはそこまで詳しくないのですが、犬を『ペット』として飼うからダメなんじゃないかなって思うんですよ。犬を『作業犬』として人間と共にちゃんとした作業をするために飼うことができれば、きっと捨てるなんて言葉はでてこない気がするんですが・・やはり今の社会それは無理なんでしょうね・・・

最近、ブログを更新していませんが、ミクシィのほうで活動してたりするのですが、やってらっしゃらないですかね??

NAME:時雨. | 2009.12.04(金) 23:41 | URL | [Edit]

 

rururu77様へ

>犬や猫に対する環境や法律のようなものはまだまだ厳しいものなんですね。
>でも、こういう映画があるということは何とかしようとしてる人もたくさん居るということですよね。
>それに熊本市の取り組みが成功してるのは素晴らしいことだと思います。
>これをきっかけに、やる気になればできるということを他の自治体や国が分かってくれることを祈りたいです。

殺処分数31万頭を半分にする、という目標を国は掲げているそうですが、具体的な方法については、結局各自治体任せのようです、

この熊本市の「犬猫を引き取らない。」、と言う事は、おそらく誰もが1度は考えたことではないかと思います。
ただ、断ったら山や公園などに捨ててしまうだろう・・・との判断から、安易に引き取りをしているのでしょう。
しかも苦言の一つも言わないで・・・。

でも、単に拒否するだけではなく、あくまでも親身になって話を聞き、相談にのり、アドバイスをしてあげれば、ほとんどの人は新しい飼い主を探しているんです。
これは嬉しかったです!

やってみなきゃわからないってことですよね!

他の自治体でも興味を持っているところが多いそうなので、きっと少しずつ同じような取り組みをする自治体は増えてくれるのではないかと思います。
そうであってほしいですね!

NAME:Purige | 2009.12.05(土) 02:25 | URL | [Edit]

 

AYA1012様へ

>“犬と猫と人間と”題を聞いただけで胸が一杯になってしまって観る勇気がありません(>_<)
> 
>今の政党同士の国民置き去りの自党だけの事しか考えていないような政局…。
>そして自分の事しか考えていない人々が多くなった日本!!
>一体どうなってしまうの??と怖くなって希望も失せてしまいそう(>_<)
>でも…。
>>熊本市の動物保護センターが犬猫の殺処分ゼロを目指しているという…。
>全国民の内どれだけの人が本当に何とかしようと思っているか判らないけれど…。
>そして一人の力では微々たる力だけど
>昨日偶然にもチェーンメールが回って来ましたが一人から二人と倍々に広がっていけば…

>未来を信じてみたくなりました(^^♪
>ちゃんと観に行かなきゃいけませんね( ^)o(^ )v

本当の所、殺処分ゼロは難しいことだと思いますが、殺処分ゼロも殺処分を減らすのも、目指すことは同じですよね!
多くの人が、犬や猫の命を1頭でも救いたいと、行動を起してくれています。

私には大きな事は何もできませんが、
知らない人に知ってもらうことは、できるかもしれない。
そして、知らない人に何かを伝えるためには、
やはりリアルタイムな情報を知っていなければ伝えられないんですよね。
もしそれが前向きな情報なら、きっと今まで諦めていた人も
信じてみたくなってくれるんじゃないかなって、思うんですよね。。。

NAME:Purige | 2009.12.05(土) 02:27 | URL | [Edit]

 

時雨.様へ

>ボクもニュースゼロの話をみましたよ!

>やはり根気って大切ですよね。
>そして、人間の身勝手で生まれた子を人間の手殺処分の現状というのはやはり改善していかないとダメですね。

>ネコについてはそこまで詳しくないのですが、犬を『ペット』として飼うからダメなんじゃないかなって思うんですよ。犬を『作業犬』として人間と共にちゃんとした作業をするために飼うことができれば、きっと捨てるなんて言葉はでてこない気がするんですが・・やはり今の社会それは無理なんでしょうね・・・

>最近、ブログを更新していませんが、ミクシィのほうで活動してたりするのですが、やってらっしゃらないですかね??

おお~!
お久しぶりです~!!
ミクシイはしていないんですけど、紹介してもらったことはあるので、ログインはできますよ^^

本来、犬は作業犬がほとんどなので、そうであれば1番なのでしょうが、日本では作業の場が少ないですし、住宅事情からも愛玩犬が非常に多いので難しいのでしょうね・・・。

猫に関しては、残念ながら全くと言っていいくらい殺処分数は減っていないんです。
野良猫の避妊・去勢は、国が動かなければ民間のボランティアさんではとても追いつかないでしょう。
(ネズミ算式に増えていきますから・・・)

犬の殺処分数がどんどん減ってくれば、猫も減らさなくては・・・と考えるはずです。
(そうであってほしいのです)
結局は一人一人の意識の問題であり、行政も人なんですよね!

NAME:Purige | 2009.12.05(土) 02:28 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

そんな映画があったんだ…
本当に悲しい現実
でも、現実から目をそむけたら改善も進歩もできませんものね…
こういう啓発的な映画は大切な1歩になりますね!

NAME:hoonyan | 2009.12.05(土) 21:35 | URL | [Edit]

 

Re:犬と猫と人間と(12/03)

飼っている猫や犬に対しての避妊には賛否両論
がありますが、責任が持てない以上、避妊手術も
大事だと思って行ってきました。
傷跡が痛々しいですが、子孫を残せない分まで
カリンを可愛がろうと思っています(^^)

NAME:karin0526 | 2009.12.05(土) 23:20 | URL | [Edit]

 

hoonyans様へ

>そんな映画があったんだ…
>本当に悲しい現実
>でも、現実から目をそむけたら改善も進歩もできませんものね…
>こういう啓発的な映画は大切な1歩になりますね!

そうなんです。
今までこういった面は、マスコミをはじめ、映画などになることはなかったのですが、今回映画になったんです。
猫好きのある1人のおばあさんのおかげです。
不幸な犬や猫がたくさんいることをみんなに知ってもらいたい一心だったのでしょう。
おばあさんの思いを無駄にしてはいけないですよね。。。

NAME:Purige | 2009.12.06(日) 14:34 | URL | [Edit]

 

karin0526様へ

>飼っている猫や犬に対しての避妊には賛否両論
>がありますが、責任が持てない以上、避妊手術も
>大事だと思って行ってきました。
>傷跡が痛々しいですが、子孫を残せない分まで
>カリンを可愛がろうと思っています(^^)

犬や猫が子孫繁栄のために交配し子供を作っても、日本では片っ端から殺しているのが現状です。
避妊・去勢手術は飼い主の責任だと私は思います。
もちろん我が子の子供がみたいからと、出産させて子供も終生大切に育て上げている方は、それでいいと思いますが、たくさん生まれたから1匹だけは自分の家において、他は飼えない・・・という飼い主には、
疑問を抱きます。
まして保護センターに気軽に持ち込むなんて、ひどすぎます。。。

カリンちゃんは優しい飼い主様に引き取ってもらって、本当に良かったと思います。
術後も順調そうで、何よりです。
女の子の場合は、傷跡が痛々しいので、術後は胸が痛みますが、避妊することで子宮系の病気のリスクも激減しますし、発情もせずに済みますから、カリンちゃんにとっても良かったのではないかと思いますよ!

NAME:Purige | 2009.12.06(日) 14:53 | URL | [Edit]

 

Re:時雨.様へ(12/03)

Purigeさん


>おお~!
>お久しぶりです~!!
>ミクシイはしていないんですけど、紹介してもらったことはあるので、ログインはできますよ^^

>本来、犬は作業犬がほとんどなので、そうであれば1番なのでしょうが、日本では作業の場が少ないですし、住宅事情からも愛玩犬が非常に多いので難しいのでしょうね・・・。

>猫に関しては、残念ながら全くと言っていいくらい殺処分数は減っていないんです。
>野良猫の避妊・去勢は、国が動かなければ民間のボランティアさんではとても追いつかないでしょう。
>(ネズミ算式に増えていきますから・・・)

>犬の殺処分数がどんどん減ってくれば、猫も減らさなくては・・・と考えるはずです。
>(そうであってほしいのです)
>結局は一人一人の意識の問題であり、行政も人なんですよね!
-----

猫に至っては野良猫を処分する法律がないので基本的には保健所に持っていく人が多いと聞いたことがあるんですよ。

ホント、捨て犬・捨て猫がなくなってくれればいいんですが・・


ミクシィの友人検索で『シェパード 音遠』と検索していただければ確実に出ると思います。見るだけでもどうぞ^^

NAME:時雨. | 2009.12.06(日) 21:26 | URL | [Edit]

 

時雨.様へ

>猫に至っては野良猫を処分する法律がないので基本的には保健所に持っていく人が多いと聞いたことがあるんですよ。

>ホント、捨て犬・捨て猫がなくなってくれればいいんですが・・


>ミクシィの友人検索で『シェパード 音遠』と検索していただければ確実に出ると思います。見るだけでもどうぞ^^

猫は、野良にしておけば必ず増えていきますからね・・・。

ミクシイ、また見に行ってみますね!
私は1度も日記書いていないのですが^^;
(やり方、よくわかってないし・・・)

NAME:Purige | 2009.12.06(日) 23:26 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ダヤンと バロンとお空のさぶ, all rights reserved.